職種紹介:VRアーティスト・せきぐちあいみさんが凄すぎるw

先日のテレビ番組、マツコ会議でも紹介されていたのですが、

VRアーティストってちょっと聞き慣れない感じが【絶賛!】に変わりました!!

VRアーティスト・せきぐちあいみさんが凄すぎるw

せきぐち あいみ

せきぐち あいみ(1987年3月4日 – )さんは、
日本のVRアーティスト、タレント、YouTuber[2] 、女優、歌手。本名、関口 愛美(読み同じ)。

2016年以降は、主にバーチャルリアリティ(VR)空間に立体のアートを描く「VRアート」の制作や
ライブパフォーマンスをする「VRアーティスト」として活動している

あまりに感動したので、いろいろ調べちゃいました、、それをシェアしたいと思います。

いやいや…VRアーティストは凄すぎです。。

立体的なアートだけでなく、せきぐち あいみさんの場合はパフォーマンスも凄いのです。。。



せきぐちさんがVRアートに出会ったのは2016年。

当時はYouTuberとして活動しながら、

プラスチックを溶かして立体を描ける3Dペンを使ったアーティスト活動をしていた。

立体を描く面白さを感じていた中で、

たまたま知り合いの企業でVRアートの体験をしたことが、

VRアーティストとして活動する転機となった。

職種紹介:VRアーティストの仕事や業務内容とは

VR(仮想現実)技術を用いて立体的な絵を描いたり、映像作品を作ったりする次世代のクリエイター

VRアーティストとは、VR(仮想現実)技術を用いて立体的な絵を描いたり、

映像作品を作ったりする次世代のクリエイターです。

元々、ゲームやエンターテインメントの分野で発展してきたVR技術ですが、

それをアートの世界に活用することで、近未来的な芸術体験を提供します。

 

SNSや動画共有サイトに作品を投稿する、各種イベントでライブペイントを披露するなど、

活動内容さまざまです。知名度の高いアーティストの場合、企業コラボレーションを展開したり、

世界各国で個展を開いたりすることもあります。

 

VRアーティストになるには、VRペイントアプリと3Dペン、ヘッドセット、

VR推奨スペックを満たしたパソコンが必要です。使用機材が作業効率を左右するため、機材選びには気を配りましょう。

VRアーティスト

VRアーティストの基礎能力TOP3

  • 創造力:新しい価値を生み出す力
  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力

VRアーティスト2

VRアーティストの作業方法とツール

  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • 手帳やスケジュール管理ソフト
  • 筆記用具
  • ノート、データ保管ツール
  • 動画編集ソフト
  • SNS
  • 3Dペン
  • ヘッドマウントディスプレイ
  • 動画共有サイト
  • VRペイントアプリ

VRアーティスト3

VRアーティストの人間性

  • 感情豊かでひらめきを大切にする人
  • 情熱的に夢や理想を追い求める人
  • 洞察力があり独創的なアイデアを持つ人
  • 知的好奇心があり向上心の強い人
  • 新しい情報に敏感でスリルを楽しむ人

VRアーティスト4

VRアーティストの給与

初任給:22万円
平均年収:369万円

参考:
初任給:22.74万円(企業規模計、20~24歳)
平均:27.46万円(10人以上、年齢計)
平均年収369.73万円(賞与:40.21万円)

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、独自に算出しています。

 

せきぐち あいみ

 

まだまだ物珍しいVRだが、VRを使ったエンターテインメント施設ができたり、

『Nintendo Switch』でVR空間に絵が描けるゲームが発売されたりと、徐々に身近なものになりつつある。

「遠くない未来、3Dで絵を描くのは普通のことになる」とせきぐちさん。

その速度を加速させることが、彼女の今後の目標の一つ。