40代転職でかかるストレスの度合い

転職活動って基本的には、大変…面倒くさい…時間かかる…決まらない…ストレス溜まる

などなどメンタル的にキツイ活動ですよね。

もちろん、新しい分野に挑戦したり、新しい会社にワクワクしたりと楽しい部分もありますが。

一般的には、時間がかかればかかるほど、キツいイメージやストレスの度合いが高くて精神的に疲労がたまる感覚があるかもしれません

ではでは、他の事と比べてどれくらいストレスが溜まるのでしょう?

調べてみました。

ランキング形式です。(1位ほどストレス度合が高い)

題して転職無双ストレス感度ランキング!
赤い字の部分は転職と関係あります。

1 配偶者(夫・妻)や恋人の死 82.4
2 親族の死 77.0
3 親しい友人の死 76.1
4 家族の病気、怪我 73.7
5 離婚 72.3
6 配偶者・恋人・子どもの暴力 71.6
7 自分の病気やけが 71.4
8 多忙による心身の過労 71.3
9 失業・リストラ 70.8
10 配偶者や恋人の浮気 69.4
11 恋人との別れ 67.6
12 勤務している会社の倒産 66.8
13 配偶者(夫・妻)との別居 66.3
14 収入の減少 65.3
15 職場の人間関係のトラブル(上司、同僚部下、顧客など) 64.1
16 夫婦や恋人との喧嘩の増加 64.0
17 150万円以上の借金(住宅ローン除く) 63.3
18 ご近所とのトラブル 61.3
19 親戚とのトラブル 60.4
20 睡眠習慣の変化(不眠、過眠、不規則) 60.0
21 仕事上のミス 59.2
22 家族内の会話の減少 58.0
23 転職 57.2
24 150万円未満の借金(住宅ローン除く) 56.3
25 仕事量の変化(量やペースの増加、課員の減少など) 56.2
26 配偶者(妻・夫)が仕事を辞める、始める 55.8
27 職場での責任の変化(異動、左遷、配置転換など) 53.2
28 就職・転職活動 …

こうして見ると倒産など会社側の都合はストレス度合が高いものの、通常の転職や活動はそれほど高くないことが分かります。

意外と、自分の気持ち次第ではもっと低いかも知れません
これは、うつ病の診断の判断のひとつとしてカウンセリングなどでも使われるものですが、
自らの転職自体は応募し続ければ、何かしら道が見えてくるからなのではないでしょうか。

あきらめてはダメ。と自分にも言っておきます。

ポジティブに転職活動を。