40代退職して転職を決意する理由のほとんどが人間関係らしい

40代での退職理由はひとそれぞれか…
と思いきや人間関係がほどんどという事実

ではでは、実際はどうだったのでしょうか?
某有名転職サイトの記事を要約してみましたのでご覧ください。

リクナビNEXT一部記事より抜粋して転載

上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった

人間関係が退職の引き金に

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった…23%

気分屋の上司に振り回されっぱなし!
気持ちよく働けない人間関係に退職を決意

2位:労働時間・環境が不満だった…14%

やる気はあっても体がついていけない・・・
連日の残業が原因で、入退院を繰り返す日々

深夜残業

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった…13%

会社は井戸端会議の場じゃない!
女性社員の顔色をうかがう毎日がストレスに

残業

4位:給与が低かった…12%

進んで残業をこなさなければ
生活が成り立たないほどの低給与

強制労働

5位:仕事内容が面白くなかった…9%

「やりがい」を求めて入社したのに
単純な雑務ばかりでモチベーションも低下

モチベーション

6位:社長がワンマンだった…7%

社長や上層部に媚びを売ってまで、出世したいとは思わなかった

上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった

7位:社風が合わなかった…6%

ギスギスした社風に耐えられなくなった。

疲れ果てて

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した…6%

全く経営状態は上向かず、むしろリストラの噂が大きくなるばかり・・・。
会社の将来が不安になり、退職を願い出た。
退職届

7位:キャリアアップしたかった…6%

与えられた仕事内容は面接や採用業務ばかりで、まるで人事部のような扱い。これでは勉強したことやスキルが活かせないと考え、転職を決意した。

悲惨

10位:昇進・評価が不満だった…4%

新しい仕事に挑戦し、いくら成果を挙げても正当な評価が給与に反映されないので、長く在籍している同僚や先輩以上の評価を得られない。もっと自分の頑張りを評価してもらえる会社を探すため退職した。

 

いかがだったでしょうか、100人にアンケートを取った結果らしいのですが、

会社である以上、社長や上司、同僚や後輩など必ず人間関係は避けて通れない部分です。

ただ、「コミュニケーション能力の高さ」を企業は求めるのですが、

私個人的にはそれって会社都合に良いひとって事じゃね?って思ってしまいます。

 

つまり、根回しや色々な部署に顔がきいたり、周りを巻き込んで上手くやれる人って事。

会社を円滑に回せるひとってことなのかな。。

 

そんな能力を磨く時間があるのでしたら、もっと自分自身のスキルアップや成長に時間を使いたいと、

自分は思ってしまいます。

 

周りのひとたちに振り回されるのはもうこりごりなのです(笑)