職種紹介:ライターの仕事や業務内容とは

職種紹介:ライターの仕事や業務内容とは

作品の企画・コンセプトに基づき、紙媒体やWeb上に掲載される記事を取材・執筆する。

ライターとは、取材や資料の収集をして記事を書く仕事です。

主に雑誌の編集者からの依頼を受けて仕事をします。雑誌や書籍だけではなく、

近年はWebやメルマガなどの電子媒体の仕事も増えています。

また、現場取材をして写真撮影をしたり、記事対象のインタビューで対談を行うこともあるため、

ある程度の対話能力や写真の撮影能力が必要となることもあります。

ライターになるための決まった方法はなく、誰でもライターを名乗ることができます。

安定して仕事を得るためには、出版社や編集プロダクションにおいて、

編集アシスタントとしての勤務経験を一定期間経て、人脈をつくったのちに独立するとよいでしょう。

はじめのうちは、低い単価であっても実績をつくっていくことが必要となります。

職種紹介:ライターの仕事や業務内容とは2

誰でもライターになれる

ライターは特別な資格や学歴が求められる仕事ではなく、

誰でもライターとして活動することができます。

しかし、安定して仕事を続けていくには文章構成力や語彙力、センスが必要であり、

取材を行うのであればインタビューのスキルも求められます。

実際には、大学やライター養成講座を出て出版社や編集プロダクションで編集者として経験を積み、

ライターとして独立する人が多いです。

そのほかには、Webで求人を見つける、ホームページに掲載されているライター募集記事を探す、

出版社や編集プロダクションに企画を持ち込むなどの方法があります。

Webデザイナーのやりがい、魅力

多くの人に評価してもらえたとき

自分の書いた文章が多くの人に届いたとき、一番喜びを感じる瞬間です。

ときには自分の書いた記事が読者アンケートで高評価をもらったり、

インターネットで話題になったりすることもあります。

作家と違い、読み手と直接触れ合うことがほとんどないライターは、こうしたときに喜びを感じます。

また、書いた記事がいい出来となれば出版社や編集プロダクションからお褒めの言葉を頂くこともあります。

「次もまたお願いするよ」とクライアントから言われることは、

長年ライターをしていてもうれしいことでしょう。

職種紹介:ライターの仕事や業務内容とは3

ライターのつらいこと、大変なこと、苦労

クライアントの要望に沿った記事を書く

ライターと作家との大きな違いは、クライアントに依頼された内容の記事を書かなければならないことです。

依頼が来れば、自分の意に反した内容や、まったく興味のないジャンルの記事も書かなくてはなりません。

そうしたことにも対応していかなければならないのが、ライターの苦労のひとつです。

また、どんなに時間をかけて書いた記事でも、クライアントからOKが出なければ何度でも修正しなくてはなりません。

クライアントの要望に沿った記事を書けなければ契約を打ち切られることも少なくないので、何度記事を書いても気を抜けません。

職種紹介:ライターの仕事や業務内容とは4

ライターに向いている人・適性

文章の読み書きが好き

ライターを志すきっかけは人それぞれですが、

「文章を読むことや、書くことが好き」

であることがライターには必要です。

自分の文章に値段が付けられるため、常に文章のクオリティ、

つまり品質を上げていかなければなりません。

ライター志望の人は、「自分にしか書けないオリジナルな文章」に憧れを抱くかもしれませんが、

どれだけ個性が感じられる文章でも、読みづらい文章では商品として認めてもらえません。

文章を書くのが好きなのはもちろん、読み手としての感覚を忘れない人がライターに向いているといえるでしょう。