職種紹介:トラック運転手の仕事や業務内容とは

職種紹介:トラック運転手の仕事や業務内容とは

大型自動車運転免許などを持ち、荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へと運んで物流を支える。

トラック運転手は、さまざまな種類のトラックを運転し、

荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へと運ぶ仕事です。

小型、中型、大型、タンクローリー、トレーラーなど、

運転するトラックの種類や運ぶものによって必要な免許や資格が異なります。

高度な運転技術が必要とされる大型トラック運転手は経験者が優先的に採用されやすいですが、

学歴はあまり重視されておらず、未経験者を積極的に採用して育成する運送会社も増えています。

平均年収は300万円~400万円程度といわれますが、歩合制によって、

がんばるほどたくさん稼げる職場もあります。

日本の物流を支えるために不可欠な職業であるものの、

近年は運転手の高齢化による人材不足が課題となっており、

各社では働きやすい職場づくりを行い、女性や若手人材の採用に取り組んでいます。

トラックで荷物を運び、物流を支える仕事

トラック運転手は、トラックを運転し、荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へと運ぶ仕事です。

ひとくちに「トラック」と言っても、いわゆる「軽トラ」と言われる小型トラックや普通トラックから、

タンクローリーやミキサー車などの大型トラックまで、種類はさまざまです。

さらに仕事内容もさまざまで、限られた地域内で宅配を行う運転手もいれば、

高速道路やフェリーを利用し長距離を走る大型トラックもいます。

運ぶものも食品から雑貨、ガソリン、軽油、高圧ガスなど多岐にわたります。

仕事の中心は、安全運転をして時間通りに目的地まで荷物を運ぶことですが、

場合によっては運転手自らが荷物をトラックへ積む作業や、目的地で荷卸し作業を行うこともあります。

職種紹介:トラック運転手の仕事や業務内容とは2

トラック運転手のやりがい、魅力

日本の物流を支える実感

トラック運転手は日本の物流を支えるために不可欠な存在です。

スーパーやコンビニに当たり前のように並んでいる商品も、

インターネットで注文した小さな商品も、

ありとあらゆるものがトラックによって運ばれているのです。

特にネットショッピングやネットスーパーが普及した現在、

トラック運転手の活躍なくして、私たちの生活は成り立たないといっても過言ではないでしょう。

決して目立つ仕事ではないかもしれませんが、社会をしっかりと支えている充実感を味わうことができます。

トラック運転手のつらいこと、大変なこと、苦労

配送時間に左右される毎日

トラック運転手は、常に配送時間を守ることが求められます。

もちろん余裕を持って出発しますが、

予期せぬ事故や渋滞などに巻き込まれてしまうこともあります。

そんなときは、思うように食事や休憩がとれないことも少なくありません。

ルート配送や宅配専門の運転手などは規則的に働ける場合もありますが、

長距離トラックの運転手をするとなれば、常に配送時間に左右される不規則な生活になり、

体力的にも精神的にもタフでなければ過酷な仕事であるといえるでしょう。

職種紹介:トラック運転手の仕事や業務内容とは3

トラック運転手に向いている人・適性

長時間の運転が苦にならない

トラックに限らず、運転手になるための基本といえますが、

長時間の運転が苦にならないということは重要なポイントです。

「運転が好き」と思っていても、いざ仕事となれば毎日、何百キロという距離を

走り続けなくてはならないこともあります。

また、無線が繋がっているとはいえ運転中は一人なので、

ただ黙々と運転をしなくてはなりません。

ただトラックを運転したいという気持ちが強いだけでなく、

運転を仕事にできる自信がある人が、この仕事に向いているといえるでしょう。