職種紹介:測量士の仕事や業務内容とは

職種紹介:測量士の仕事や業務内容とは

あらゆる建造物を造る際に必要な土地の位置・高さ・長さ・面積を測り、図面を作成する。

 

測量士とは、すべての建設工事において必要な測量を行う仕事です。

作業計画や測量計画のもとに測量を行い、そのデータをもとに図面を作成します。

測量法に基づき国土交通省(国土地理院)が所管している国家資格で、測量業者に配置が義務づけられています。

具体的には、営業所ごとに一名以上の有資格者(測量士ないし測量士補)を設置する事が、測量法によって求められています。

測量士は、測量業者の行う測量に関する計画作製に従事又は実施するものです。

なお、測量士の下位資格である測量士補は、測量業者の作製した計画に従って測量に従事するのみとなっており、

その権限や立場に差がつけられています。

測量士の平均年収は400万円前後と言われており、一般的なサラリーマンと変わりありません。

さまざまな工事の根幹をなす測量を行う

測量士は、建設現場などにおいて、工事が安全かつ円滑に進むように測量計画を策定し、

実際の計測作業を行う「土木測量」が主な仕事です。

測量は、住宅やビルなど民間の建設工事から、道路や橋、鉄道、ダムなどの公的インフラ整備工事まで、

ありとあらゆる工事の基礎となる、重要な作業です。

この測量業務は、測量士だけに行うことが許可された「独占業務」です。

また、土木測量以外にも、地図を作成するための「地図測量」や、

個人・法人の所有する土地の面積などを測定し測量図を作成する「地積測量」という業務も測量士の仕事です。

近年は、取り扱う測量機器や測量方法が専門化、複雑化する傾向にあり、

最先端技術を使いこなす機械のプロフェッショナルとしての一面もあるようです。

職種紹介:測量士の仕事や業務内容とは2

測量士のやりがい、魅力

専門の技術者としてのやりがい

測量技術は日々進化しており、GPS衛星を用いた測量や、

航空機から撮影したデータを3次元に加工する手法、3Dスキャナーの活用など、

新しい方法が次々と開発されています。

それに伴って測量士の専門性はさらに増しており、

メカニックや技術者としての大きな楽しさがあるようです。

またこうした最新技術を身につけられれば、

これまでよりもさらに誤差の少ない正確な測量業務を行えるため、

依頼者からも喜ばれますし、技術者としてやりがいを感じられるようです。

測量士のつらいこと、大変なこと、苦労

体力勝負となる厳しい環境もある

測量士の外業は、人里離れた山奥など過酷な現場で行われることも珍しくなく、

早朝からの長時間移動や、

重い機材を担いでの移動を強いられるケースも少なくありません。

また屋外での作業は夏は暑く冬は寒く、さらに雨や風といった天候によっても、

作業の困難さやスケジュールが大きく左右されます。

そうして苦労して取得したデータを精査、分析して測量図を作成しなければなりませんが、

作業にミスは許されず、高い集中力を保ち続けることが必要となります。

職種紹介:測量士の仕事や業務内容とは3

測量士に向いている人・適性

手先の器用さと計算能力が必要

測量業務は精緻な作業の連続ですので、

測量士には計測機器を長時間のあいだ正確に操作し続けられる手先の器用さが求められます。

また土木測量においては、工事の着工から竣工に至るまで、

当初の計画通りに建物が構築されているか、繰り返し計算しなければなりませんので、

三角関数などの計算が得意な人が向いています。

加えて、現場によっては重い機材を背負って山を歩かないといけないケースもありますので、

体力も必要とされるかもしれません。