職種紹介:商品企画の仕事や業務内容とは

職種紹介:商品企画の仕事や業務内容とは

消費者ニーズをさぐり、売れる商品を生み出す

商品企画の仕事は、一言でいえば「新商品の企画を考えること」です。

メーカーなど、商品を製造し販売する企業にとっては、まさに軸となる重要な役割を担います。

実際に商品を世に出すまでには多くの工程があり、

さまざまな部門・職種の社員が、プロセスに応じてそれぞれの役割を分担しています。

商品企画の仕事は、ニーズやターゲット層を調査する「マーケティング」からはじまります。

次に、得られたマーケティング結果を下敷きにして商品のアイデアを練り、

コンセプトがまとまったら、社内の他部門と打ち合わせを重ね、おおまかな予算を割り出します。

商品コンセプトと予算案を組み合わせて計画を立てると、事業部や経営陣にプレゼンを行い、実際に製造する承認をもらいます。

通常、商品企画の仕事の範囲は、この経営陣からの承認を得るまでです。

マーケティング力や調整力が必要

商品企画の活躍によって社内で商品化が決定すると、

そこから製造、販売に至るまでの工程は、「商品開発」や「広告・販売戦略」の社員が担当します。

しかし、企業によっては商品企画の社員が、それらの仕事にまで携わることもあります。

 

商品企画は、アイデアやひらめき、創造性などが欠かせない職種ですが、

それ以上に、しっかりとしたリサーチで市場のニーズを把握すること、

そして予算などの諸条件と折り合いをつける調整力も求められます。

感覚だけではなく、数字で物事を判断したり、

筋道を立てて「売れる」と考える理由をプレゼンテーションしたりするなど、幅広いビジネススキルが求められる仕事です。

商品企画のやりがい、魅力

話題になり売上が上がったとき

商品企画の仕事は大きなやりがいを感じられる仕事です。

仕事の中で最もやりがいを感じる瞬間は、

やはり手がけた商品がヒット商品となったときでしょう。

さまざまな行程を経て完成した商品が店頭に並んだ段階ではまだ、やりがいを感じるまでには至りません。

むしろ、評価されるか、クレームが出たりしないか、ソワソワすることの方が多いでしょう。

商品が話題になり売上につながってはじめて、

大きな仕事をしたと実感し、興奮がこみあげてくるでしょう。

消費者の反応を見るとき

商品企画の仕事は、どんなに完成度の高いすばらしい商品を作っても、

売れなければ失敗作とみなされる厳しい世界です。

そのため、ひとりよがりにならずに市場のニーズに寄り添って商品を創り出すことが、

商品企画には求められます。

市場調査や入念なコンセプトメイキング、さまざまな販売促進策などを経て、

市場に投入された商品は我が子も同然です。

その商品についてのレビューやクチコミで高い評価が得られたとき

「こんな商品が欲しかった」と言われたときには、

売上への貢献とは別の大きなやりがいを感じられます。

商品企画は、商品を生み出すことで社会に貢献する仕事なのです。

チームワークと達成感

商品企画は多くの関係者とコミュニケーションをとりながら商品を作っていく仕事です。

ひとつのプロジェクトが終わるまでには数カ月、数年という期間がかかりますが、

その企画をやりきったときの達成感はひとしおです。

一緒にさまざまな仕事を行った同僚たちに強い絆を感じることも少なくありません。

商品企画のつらいこと、大変なこと、苦労

プレッシャーがかかる

商品のできばえがどんなに素晴らしくても、コンセプトやターゲット、

売り方など企画がよくなければ売上にはつながりません。

すでにヒットしている商品がある場合、

製造や営業に力量・技術があることが十分に証明されていますので、

企画の質に注目が集まります。

そのため、商品企画にかかるプレッシャーは大きく、

なかなかいいアイデアが出ないときは非常に苦しい時間です。

イノベーターとしての自負と売上の板挟み

いいアイデアが浮かんでこないときは、

営業部門から要望の強い他社対抗品に取り組むケースが多くなります。

この場合、売上はある程度安定し開発期間も短く済みますが、

商品企画としては二番煎じで面白くない仕事になってしまいます。

商品企画の担当者としては、業界に革新を起こすようなコンセプトや商品を投入したいのですが、

かと言って奇抜な商品は売上が伸びにくく企業にとってリスクです。

このように、商品企画担当者の中には理想と現実の板挟みの中で葛藤している人もたくさんいます。

周囲との調整が大変

商品企画の仕事は、多くの関係者と一緒に行います。

いいアイデアでも関係者が納得しなければいけませんし、発売までには多くの人の協力が必要です。

そのため、プレゼンテーションやミーティングの機会も多く、関係者との交渉やコミュニケーションが多くなります。

こうした苦労を楽しいと思えるくらいでないと、長くは続かない仕事です。

商品企画に向いている人・適性

好奇心が旺盛で、流行に敏感な人

商品企画職は新しい商品の開発や、既存商品の改良のアイデアを出すことです。

そのためには、常に新しいものを求める好奇心や、流行からそのポイントを見つけ出す感性が求められます。

消費者のニーズがどこにあり、その解決に必要な要素を見極める力がヒット商品の企画につながります。

変化を楽しめる

市場のニーズや消費者の好みは常に変わっていくため、

それを追いかけることに疲れるようでは商品企画は務まりません。

こうした変化を楽しみながら追いかけ、さらに先回りできることが求められます。

安定志向で模倣を好むタイプの人よりも、

変化を好み新しいことにチャレンジしたいタイプの人が商品企画では好まれます。

粘り強い

商品企画の仕事では、意外に思えるかもしれませんが「根性」が求められます。

なぜなら、企画のアイデアはすぐに出てくるとは限らず、考え続けることを求められるからです。

また、アイデアは出てもそれを企画と言えるレベルにまで磨きあげるためには多くの検証が必要で、

そのための調査や資料作成など時間のかかる作業が多く、投げ出したくなることもしばしばあります。

それでも最後まで考えることを放棄せず、やりぬける人なら商品企画の分野で活躍できるでしょう。