職種紹介:声優の仕事や業務内容とは

職種紹介:声優の仕事や業務内容とは

アニメやゲームのキャラクターボイス、海外映画の吹き替えなど、「声」で役柄を演じる。

声優とは、アニメーション作品や外国映画の登場人物などに、声を吹き込む人のことです。

女優や俳優が全身を使いながら役柄に合う演技をするのに対し、

声優は自分の「声」を使って、作品にふさわしいキャラクターを演じていきます。

活躍の場はアニメや海外映画のほか、ドキュメンタリーの吹き替えやゲーム、

テレビ・ラジオのナレーションなど多岐にわたります。

声優になるためには、まず声優の養成所や声優専門学校で訓練を積んだのち声優プロダクションに入り、

仕事ごとにオーディションを受けていくのが一般的な流れです。

厳しい競争の世界であり、オーディション合格のためには、

日々地道な訓練やトレーニングが欠かせません。

なお、声優の収入は実績を重ねることでギャラが上がる仕組みになっており、

経験があまりないうちは収入が低めで、やや不安定な生活になることを覚悟しておく必要があります。

声優の仕事内容

声優の仕事は、アニメーション作品のキャラクターや、映画(外国映画)の登場人物などに声を吹き込むことです。

このような声を吹き込む作業のことを、

業界用語で「アフレコ」もしくは「アテレコ」といい、

その作品で求められる声を映像を見ながら当てていきます。

それ以外にも、ドラマやドキュメンタリーの吹き替え、

ゲームのキャラクターボイス、テレビ・ラジオのナレーションなど、

さまざまな場所で自分の声を生かして活躍しています。

音のない映像に声を当てていくことで、

より躍動感や説得力を与え、作品として質の高いものにしていきます。

職種紹介:声優の仕事や業務内容とは2

マルチな活動をする声優も

声優は、基本的に顔を出して活動をすることはあまり多くありません。

しかし、人にもよりますが、最近ではひと昔前に比べると声優自身が表に出る機会も増えています。

たとえば、人気が出てきた声優は歌手としてCDデビューしたり、

コンサート・イベントに出演したり、舞台俳優となるなど、マルチな活躍を見せる人もいます。

声優のやりがい、楽しさ

自分の声でファンに喜んでもらえる

声優として最もやりがいを感じる瞬間の一つは、

自分が関わった作品の人気が出たり、自分が演じた役に対して、よい評価をもらえたりしたときです。

制作スタッフから「よかったよ」と褒めてもらうこともうれしいものですが、

声優として人気が出てくると、視聴者から直接ファンレターをもらうこともあります。

自分の声で多くの人を楽しませられたと実感できたときに、大きなやりがいを得られます。

また、声優としてさまざまな役を経験することで、

まるでたくさんの人の人生に触れたような気分になれるのも楽しい一面です。

職種紹介:声優の仕事や業務内容とは3

声優のつらいこと、大変なこと、苦労

地道な努力を重ねても成功できるとは限らない

まだキャリアが浅い声優の最大の苦労は、そもそも仕事を得ることだといえるでしょう。

誰もが名前を知っており、さまざまな仕事をこなしている売れっ子声優は、

数多くいる声優のなかでもほんの一握りの存在です。

新人の頃は、たった一つの仕事をもらうのさえ大変で、

ほとんどの声優がよそでアルバイトをしながら、

毎日地道なレッスンやトレーニングを続け、実力アップに励んでいます。

自信をもって臨んだオーディションに連続で落ちてしまうと、

誰でも少なからず落ち込みますが、そこでいかに奮起できるかが大事です。

とはいえ競争も厳しく、頑張ってもなかなか芽が出ない日には、つらいと感じてしまうかもしれません。

職種紹介:声優の仕事や業務内容とは4

プロダクションに所属する人が多い

プロとして活躍する声優は、「プロダクション」に所属して働く人がほとんどです。

「仮所属」と呼ばれる下積み時代には、

案件ごとに自分でオーディションを受けて仕事をとってきます。

その後、経験を積んで正所属になればマネージャーがつき、

仕事を定期的にもらえるようになるものの、そこまで成功できる人は決して多くありません。

なかにはフリーランスで活躍している声優もいますが、

もともとはプロダクションや劇団に所属していた人が中心です。

大きな仕事をいくつも重ね、実績と信頼を得た人でなければ、

フリーランスの声優になるのは非常に難しいといえます。

職種紹介:声優の仕事や業務内容とは5

声優に向いている人・適性

豊かな人間性を持ち、さまざまな感情を声で表現できる

声優は、声だけで人の心を動かさなくてはならず、

キャラクターの気持ちを脚本から読み取る感受性と、それを的確に声にする表現力が求められます。

また、他人を感動させたり楽しい気持ちにさせたりするためには、

まず自分がちょっとしたことにも感動できるかどうか、ということが重要な要素になってきます。

そして、この仕事は一朝一夕で成果が出ず、なかなか仕事につながらないといったこともよくあります。

不安定な日々の中でも一流の声優になるための情熱をもち続けられる人は、

きっといつか活躍できるはずです。

さまざまなことに興味を持って、多様な人生経験を積みながら豊かな人間を目指せる人が、

声優に向いているといえるでしょう。