職種紹介:管理栄養士の仕事や業務内容とは

職種紹介:管理栄養士の仕事や業務内容とは

より専門的な栄養学の知識を持ち、一人ひとりの体質や病気に応じた栄養指導を行う。

管理栄養士「栄養士」の上位にあたる資格で、食や栄養に関する専門的な知識をもち、

栄養指導や食事のアドバイスをするプロフェッショナルです。

栄養士は調理の現場で働くことも多いですが、管理栄養士の場合は、

栄養を「管理する」ということに重点をおき、より高度な栄養管理業務に携わる機会が増えます。

一定規模以上の施設においては管理栄養士を置くことが義務づけられており、

病院や保育園、高齢者施設など、学校など、さまざまな勤務先があります。

管理栄養士になるためには、国家試験に合格することが必要です。

国家試験の受験資格を得るには、4年制の管理栄養士養成課程を修了する方法、

栄養士の資格を習得したのちに実務経験を重ねる方法などがあります。

最近では管理栄養士としての知識やスキルを生かして独立し、

多方面でのさまざまな活躍を見せる人も増えています。

職種紹介:管理栄養士の仕事や業務内容とは2

人々にきめ細やかな栄養指導を行い、健康をサポートする

管理栄養士とは、食や栄養の専門知識をもって人々に栄養指導を行い、

その人たちが健康に生活できるようにサポートする人のことです。

具体的な業務内容は多岐にわたります。

たとえば、病院や老人保健施設のような施設での給食調理および献立の作成、

保育施設での子どもの食育、アスリートの栄養管理、さらにはダイエット相談など、

ありとあらゆる年代や立場の人と関わるケースが想定できます。

「栄養士」とも似た仕事となりますが、管理栄養士は栄養士の上位資格にあたります。

栄養に関する高度な知識を習得することによって、医師の指導の下で、病気の療養のために必要な栄養指導なども行うことが可能です。

また、一定量以上の食事の提供がある施設では、管理栄養士を設置することが義務づけられています。

職種紹介:管理栄養士の仕事や業務内容とは3

食に関する幅広い仕事に携わる

「栄養指導」は管理栄養士の業務の中心ですが、

これ以外にも、食に関する幅広い知識・スキルを生かした多様な仕事ができます。

たとえばテレビの料理コーナーへの出演、料理雑誌のコラム執筆、

食品メーカーでの商品開発などに携わることもあります。

フリーランスになって個人でSNSなどを活用しながら情報を発信し、

飲食店プロデュースやレシピ考案、料理教室の講師などを手掛ける人もいます。

管理栄養士のやりがい、魅力

自分のアドバイスや指導で人の健康に貢献できること

管理栄養士は、人間に欠かせない「食」に関する専門知識を発揮して、

人々の生活や健康をサポートしていくことができます。

おもな仕事内容となる栄養指導の際には、ただ相談者の悪いところを指摘するのではなく、

なにげない会話から相手の生活習慣や生活状況を把握し、

一人ひとりに応じた指導を行うことが大切です。

昨今では「特定保健指導(メタボ指導)」も重視されるようになり、

管理栄養士は社会のなかで重要な役割を担います。

自分のきめ細やかなアドバイスによって相談者が少しでも元気になり、

食事を楽しめるようになったことがわかったときに、大きなやりがいを感じられます。

また、管理栄養士の活躍の場が広がっているため、個々の関心が強い領域に応じて、

さまざまな仕事に挑戦できるチャンスがあるのも魅力といえます。

職種紹介:管理栄養士の仕事や業務内容とは4

管理栄養士のつらいこと、大変なこと、苦労

専門性が理解されにくいことも

管理栄養士は、栄養学の専門知識をもつプロフェッショナルでありながら、

一般の人にはその専門性がなかなか見えづらいところがあるようです。

「学校などで給食を作っている人」「料理が得意な人」くらいに思われてしまうことがある反面、

じつは病気を抱える人への栄養指導など、難しい仕事に従事しているケースは多くあります。

せっかく難しい国家資格を取得したのに、

なかなかその専門性を理解されないと感じたときに、ストレスを感じるかもしれません。

また、管理栄養士が活躍している職場では、

管理栄養士がたった1人で勤務していることがよくあります。

このため、業務上の悩みを相談できる人が周囲にいなかったり、

人手不足の職場では事務や介護など多様な業務を兼務しなくてはならなかったりで、心身ともに疲れてしまう人がいます。

職種紹介:管理栄養士の仕事や業務内容とは5

管理栄養士に向いている人・適性

人と接するのが好きで、幅広い食や料理に関心がある

管理栄養士は、栄養指導などの仕事を通じて、小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代の人と接します。

人と接するのが好きな人であれば、日々前向きに仕事ができるでしょう。

とくに、異なる年齢や立場の人の状態を理解し、

同じ目線に立って接することができる人は管理栄養士の適性があるといえます。

また、この仕事では管理栄養士の国家資格を取得してからも、

常に食や栄養に関する知識を深め続けることが重要です。

幅広い分野の食べ物や料理が好きなこと、また人の食事や栄養指導に携わるからこそ、

まずは自分自身の健康管理をきっちりとできる人に向いています。