職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは

職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは

広告、報道、スポーツなどの各分野で使用される写真を専門的に撮り、記録に残す。

カメラマンとは、報道、芸能、広告などの分野において、

目的に応じた写真を撮影する人のことです。

自身が得意・専門とする領域によって、雑誌やポスターなど広告用の写真を撮る「広告カメラマン」

スポーツの試合や選手の様子を撮る「スポーツカメラマン」

事故現場や政治家などの写真を撮る「報道カメラマン」などの種類に分かれます。

カメラマンになるひとつの一般的な方法は、

写真の専門学校やカメラマン養成スクールで撮影の基本的な知識・技術を身につけ、

卒業後、写真スタジオに勤務することです。

アシスタントとして何年も経験を重ね、自分ならではの写真が撮れるようになると、

独立への道が見えてきます。

職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは7

カメラマンとして生計を立てるためには、実力だけでなく、

地道に営業活動をして実績を重ねていかなくてはなりません。

フリーランスで働く人が多いですが、

人によっては新聞社、出版社、写真スタジオなどに就職し、会社員として働き続けます。

ざっとご紹介すると、
・広告カメラマン
・報道カメラマン
・戦場カメラマン
・スポーツカメラマン
・水中カメラマン
・動物カメラマン などなど。

職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは2

フリーランスとして活動する人も多い

カメラマンは、新聞社・出版社・デザイン事務所・広告代理店などに勤務するだけでなく、

フリーランスとして働く人の割合が比較的多いのが特徴的です。

フリーのカメラマンが数人集まって、ひとつの事務所を構える場合もあります。

基本的に、カメラマンはクライアントから依頼を受けて、

目的に応じた写真を撮影しますが、自身の作風や個性を存分に発揮した写真展を開催したり、

撮影を習いたいと考える人に対してカメラスクールの講師業などを務めたりする人もいます。

職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは3

カメラマンのやりがい、楽しさ

自分の写真で人の心を動かし、喜んでもらえること

カメラマンにとって最大のやりがい、喜びといえるのは、

自分が撮影した写真によって誰かの心を動かしたり、感動や喜びを与えられたりすることです。

技術力が問われる職業だからこそ、自分が身につけた力を存分に発揮し、

その結果が高く評価されれば、大きな達成感や充実感を得られます。

また、二度と出会えない貴重な「瞬間」を捉えることができたり、

ファイダーを通じて物事を美しく表現したりするのも、カメラマンの腕の見せどころです。

自分の撮影によって、クライアントやモデルとなった人が喜んでくれることを

うれしく感じるカメラマンは少なくありません。

さらに、カメラマンは多様な撮影現場に出向きますし、

被写体となる著名人やモデルなどとの出会いも多いため、

変化や刺激のある日々を送れるのも楽しい一面といえるでしょう。

職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは4

カメラマンのつらいこと、大変なこと、苦労

やり直しがきかず、瞬間を逃せないプレッシャーがある

カメラマンの仕事で大変なことのひとつは、二度とやり直しがきかない場面が多いことです。

人物や静物の撮影であれば、「うまく撮れなかった」と思ってもある程度のやり直しは可能ですが、

動物など素早い動きのある被写体や、

スポーツのワンシーンのような「瞬間」を捉えなければならない撮影は、

一度しか撮影ができません。

このため、撮影中は常に強い緊張感を保ち続けなくてはならず、神経をすり減らします。

同時に、決められた時間内や場所で、

クライアントが満足する写真を撮らねばならないことが多く、

プレッシャーが大きくのしかかります。

職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは8

また、活躍する場・ジャンルならではの苦労もあります。

たとえば報道カメラマンの場合、事件や事故が発生すれば、すぐに現地へ駆けつけなくてはなりません。

また自然を撮影するカメラマンは、理想の景色を撮るために、

厳しい寒さや酷暑に耐えて何日も同じ場所に留まらなければいけないこともあり、体力を酷使します。

職種紹介:カメラマンの仕事や業務内容とは6

カメラマンに向いている人・適性

カメラや写真の世界をとことん追求できる人

カメラマンに向いているのは、写真やカメラの世界にハマることができ、

とことん追求する気持ちをもてる人です。

カメラマンは、下積み時代も含めて、忍耐力と精神力が必要となる仕事です。

現場に出てからも、長時間かつ不規則な撮影現場で集中力を保ち続けなくてはならなかったり、

暑い・寒いなど厳しい気象条件の中に出向いての撮影など、決して楽な環境で働けるわけではありません。

さまざまな苦労、つらさを乗り越えることができるほどの写真に対する情熱は不可欠です。

また、カメラマンは現場で初対面の人との出会いや、

他の制作スタッフなどとの関わりも多いため、誰とでも明るく接し、

気さくなコミュニケーションができる人に適しているといえます。

常に元気で周りをリードしていけるタイプだと、

一緒に働く人たちも気持ちよく仕事ができ、現場がうまく回るでしょう。