職種紹介:販売員の仕事や業務内容とは

職種紹介:販売員の仕事や業務内容とは

百貨店や小売店などの店舗で接客や会計、商品管理、店舗レイアウトなどの業務を担当する。

販売員は、アパレルショップ、百貨店、雑貨店、

ドラッグストアといったさまざまな店舗でお客さまを迎え、商品を販売する仕事です。

商品の説明やアドバイス、提案などを通し、

お客さまが快適に買い物を楽しんでいただくように努め、店の売上アップに貢献します。

人と接することが好きであれば特別なスキルは求められないことが多く、

未経験者も歓迎されやすい仕事です。

いちスタッフとしての販売員の給料はさほど高くないといわれていますが、

役職者になると昇給し、さらに店によっては売上目標を達成することでインセンティブも支給されます。

最近では販売員として一定の経験を積んだのち、バイヤーなど別職種へのキャリアチェンジ、

あるいはひたすら販売の道を究めていくなど、個々の希望に応じてさまざまなキャリアパスが用意されています。

店舗でお客さまを迎え、レジ業務や商品管理にも携わる

来店されたお客さまに笑顔で接し、商品の説明やアドバイスなどを行いながら、

お客さまが快適に買い物を楽しんでいただくように努め、店の売上アップに貢献します。

接客以外に、レジでの会計や商品の検品・値札付け・陳列、店内の清掃などの業務も担当します。

接客のプロフェッショナルとして、お客さまが何を求めているのかを考えたうえで、

よきアドバイザー役になる意識が求められます。

販売員のやりがい、魅力

売上につながったとき

販売員は、売上という成果に結びついたときに大きなやりがいを感じます。

商品にはそれぞれ値段がつけられているため、

販売員は自分がいくら売り上げたかが目に見えてわかる仕事です。

経験を積むにしたがって少しずつ売上を伸ばせるようになると、

それだけ販売員としての実力がついたと感じられます。

店舗によっては、売上に応じてインセンティブやボーナスが支給されることもあるため、

なおさら喜びを感じられるでしょう。

お客さまとのコミュニケーション

販売員として長く仕事を続けていると、何度も来店してくださったり、

顔なじみになったりするお客さまも増えてくるものです。

そうした方とは自然と会話も弾みますし、親しくなっていくなかで信頼関係が強くなり、

コミュニケーションを楽しみに通ってくださる方も出てきます。

もちろん、お客さまは買い物をするため店舗へ訪れているのですが、

さらに「あなたがいるから買いたい」「あなたのアドバイスが欲しい」と言ってもらえたときには、

大きなやりがいを感じられるでしょう。

商品知識が身につく

販売員として、扱っている商品の知識を身につけることは基本です。

販売している商品の特徴を知らなくては、お客さまにアドバイスをすることはできません。

そのため、自然と商品知識が身についていき、家電量販店であれば家電の知識や各企業の特徴が、

アパレルショップであれば流行のコーディネートやファッションを覚えていきます。

商品知識は接客をする上でも役に立ちますし、

もちろんプライベートでも生かすことができるでしょう。

販売員のつらいこと、大変なこと、苦労

日常的なクレーム

販売員はお客さまから直接感謝の言葉をかけてもらえる仕事ですが、

一方でクレームを受けることも決して珍しくはありません。

どれだけ頑張って働いているつもりでも、

ふとしたことからお客さまを怒らせてしまうことはあります。

また、他のスタッフのミスであっても店舗の一員として自分にお叱りの声が飛んでくることもあるでしょう。

多くの人と接する仕事なだけに、人とのコミュニケーションで喜びを感じられることもあれば、

それでつらいと感じることもあると考えておいたほうがよいでしょう。

数字やノルマに振り回される

販売員は、お客さまへの接客を通じて、店の売上アップに貢献することが求められます。

店によってはノルマがありますし、そうでなくても「売上目標」という形で、

つねに数字を意識しながら業務に臨まなくてはなりません。

とくにリーダーやマネージャー、店長にもなると、

店の売上は管理職としての自分の評価に直結するため、より大きなプレッシャーを抱えることになるでしょう。

ただお客さまと楽しく会話をするだけでなく、

しっかりと数字で結果を出すために何をしなくてはならないのかを考えなくてはならないのです。

生活が不規則になりがち

販売員のみならず、接客業全般で言えることですが、

土日祝日はかきいれ時となるため、ほぼ休むことができません。

一般的な休日に休むことができないため、

なかなか家族や友人と予定が合わないと不満を持つ人は非常に多いです。

また、店舗の営業時間に合わせて働くため、早番・中番・遅番などシフト制をとっているところが多く、

生活時間も不規則になりがちです。

毎日同じ時間に働くわけではないため、生活リズムを整え、健康に気を遣うよう心がけなくてはならないでしょう。

基本的に立ち仕事

たいていの販売員の仕事では、勤務時間のほとんどが立ちっぱなしとなります。

同じような姿勢で何時間も立ち続けるのは思っている以上に大変ですし、

勤務先が広い店舗であれば、店内を走り回るようなこともあります。

この仕事を続けていると、一日の仕事が終わると脚がパンパンになってしまったり、

慢性的な腰痛に悩んだりする人は多くいます。

また、室内にずっといることで夏は冷房による冷え、

冬は暖房による乾燥に悩まされる人も少なくなく、

身体に負担もかかりやすい仕事といえるでしょう。

さらに家電量販店などの場合は、家電など重い荷物を運ぶことも多いため、

体力も求められます。

販売員に向いている人・適性

人と接することに喜びを感じる人

販売員は個性が発揮できる仕事であり、実際に販売の現場を見ても、

さまざまなタイプの人が活躍しています。

そのため、どのような人でも販売員になれる可能性はありますが、

人と接することが好きで、とくに初めての人とでも会話を楽しめるようなタイプの人は、

この仕事に向いているといえるでしょう。

なお、販売員は決して話上手である必要はありません。

むしろ、お客さまのニーズや困りごとをしっかりと引き出せるような、

聞き上手なタイプの人に適している面も多々あります。