職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは

職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは

パーティー会場やホテルなど、特別な空間・シーンにふさわしい花を選び、場を彩る。

結婚式やお葬式、レストランで開かれるパーティーなど、

特別なシーンを美しい花で演出するフラワーコーディネーターは、若い女性を中心に人気を集めている職業です。

フラワーコーディネーターは、クライアントの希望や予算をヒアリングしながら、

色合いや花の大きさ、花言葉などを考慮した上で最適な花をセレクトするのが仕事です。

活躍するためには、植物に関する幅広い知識や抜群の色彩感覚、

クライアントに対する細やかな気配りが求められます。

学歴や資格の有無ではなく、実力がものを言う世界なので、

まずはアルバイトやパート、契約社員として就職をすることが多いようです。

知識や実力をつけるためには、花屋や園芸ショップなどで働きながら多くの案件に携わり経験を積むことが大切です。

花というのはいつの時代も変わらぬ需要があり、フラワーコーディネーターの仕事は特に若い女性に一定の人気を集めています。

一方で、花に関する仕事は景気の影響を受けやすく、

世の中の情勢によって給与は不安定になる傾向があります。

職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは2

花の管理も重要な仕事

フラワーコーディネーターとして働く際には、花々の徹底した管理が欠かせません。

花は温度が上がると一気に開花が進んでしまうため、

使用する花々を最高の状態に保てるように低温での管理が基本となります。

気温や湿度を確認したり、茎や葉をカットしたり水を替えたりして、

使用する花々を最高の状態に保てるように常に気を配ります。

このほかにも制作した花の発送や配送、店舗内の掃除など、

こまごまとした作業も担当しており、フラワーコーディネートに関するさまざまな作業を行います。

花屋や園芸ショップで働くフラワーコーディネーターの場合は、お客さまへの接客や販売も自分で行うことがあるでしょう。

職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは3

フラワーコーディネーターのやりがい、楽しさ

自分のセンスを生かした世界で一つだけの演出

フラワーコーディネーターにとってやりがいがあるのは、

自分にしか作ることのできない花を使った演出を作り出すことです。

全体のイメージを思い描き、色や形、香りのバランスを想像しながら一本一本花を組み合わせることは、

非常にクリエイティブな仕事で、奥の深い世界です。

何度同じ依頼を受けても、依頼人の思いや空間、季節などによって使う花や演出方法は変わります。

植物の豊富な知識を生かし、依頼人への細やかな心配りをしながら作品を作り上げていくことは、

毎日刺激があり挑戦のしがいのある仕事といえます。

一日中花に関わるため、「子どもの頃から花が好き」「植物を扱う仕事がしたい」という人に

とってはまさに天職ともいえる仕事でしょう。

職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは4

フラワーコーディネーターの資格・試験の難易度

フラワーコーディネーターになるのに、絶対必要な資格はありません。

現在、花に関する知識や技術を習得していることを証明するための資格として活用されているものがいくつかあります。

代表的なものは、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会が主催している「フラワーデザイナー」の資格です。

1967年から始まり業界内で広く認知されている資格で、協会の公認スクールで学んだあと、

フラワーデザイン全般に関する学科試験と実技試験に合格すると資格取得ができます。

3級から1級までグレードが分かれていて、合格率は2級と3級がほぼ100%、1級は80%ほどなので、

きちんと学んでいれば難易度はそれほど高くないでしょう。

国家資格としても「フラワー装飾技能士」という資格があり、

職業訓練校で学習をした人たちがこの資格を取得するケースがあります。

さらに花に関する資格以外にも、

色とりどりの花を美しく組み合わせていくための色彩感覚を磨くための「色彩検定」も取得している人が多いです。

お客さまへの接客スキルを磨ける「販売士検定」や、

いずれ独立開業するために「簿記」や「ビジネス会計検定試験」の勉強をする人もいます。

こうした資格は就職前にあらかじめ取得しておく必要はなく、

実際に花に関する仕事をはじめてから、実力を試したり技術を証明したりするために取得するケースが大半です。

職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは5

フラワーコーディネーターのつらいこと、大変なこと、苦労

花の命は短く、自らの手で廃棄しなくてはならないことも

フラワーコーディネーターというと華やかなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、

その美しさを保つことは実はとても大変です。

花を取り扱うときは低温の環境の中で作業をしなければならないため、

特に冬場はつらい作業が続き、手が荒れてしまったりすることも珍しくありません。

また、こうした努力をして作ったとしても、売れ残ってしまうこともあります。

花の命は短いため、満開を迎えたり売れ残ったりした場合には、

自分の作品を自分の手で廃棄するという悲しい事態に向き合わなくてはなりません。

また結婚式やパーティーなどでは、希望日時までに会場の装花を完了させなければいけないため

どうしても長時間労働になりやすい傾向にあり、休みも不定期になりがちです。

職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは6

フラワーコーディネーターに向いている人・適性

植物が大好きで、色彩感覚やデザインなどのセンスのある人

フラワーコーディネーターとして働くためには、植物に関する幅広い知識が必要です。

「植物のことを何でも勉強したい」「植物に関するプロフェッショナルになりたい」

と思うくらい植物に対して深い愛情がある人は向いているでしょう。

また、花を扱うには色彩感覚が欠かせません。

お客さまの多くが「女性向けのものを」「ピンクを基調にしてください」というように、

大まかなイメージだけで注文をします。

そのイメージに合う形で、どの色の花をどんな風に組み合わせるかということに関しては、

フラワーコーディネーターに託されることになるのです。

クリエイティブな仕事が好きで、優れたセンスを持っている人ならば、実力を思いきり発揮できる仕事でしょう。

職種紹介:フラワーコーディネーターの仕事や業務内容とは7