職種紹介:エディトリアルデザイナーの仕事や業務内容とは

職種紹介:エディトリアルデザイナーの仕事や業務内容とは

雑誌や書籍、カタログなど複数のページから成る冊子の編集とデザインを行う仕事。

エディトリアルデザイナーは、雑誌や書籍を中心に、

ページ数の多いカタログやマニュアルなども含めた本の編集とデザインを行う仕事です。

編集者やアートディレクターなどの指示を受けて、美しさだけではなく、

読者にとっての読みやすさ、理解しやすさまで考慮しながら、バランスよく誌面のデザインを行います。

実務経験なしでこの仕事に就くことは難しく、

出版社やデザイン事務所、編集プロダクションなどにアシスタントとして就職し、

下積みを経てエディトリアルデザイナーになる道が一般的です。

年収は見習いのうちは200万円程度ですが、実力と経験にしたがってアップするでしょう。

出版業界の電子化が進みつつある今、

紙の書籍だけに固執せず、時期が来たら電子書籍も手がけようという柔軟な姿勢と、

そのためのスキルを磨く努力を惜しまない人が、将来的にも有望であるといえそうです。

職種紹介:エディトリアルデザイナーの仕事や業務内容とは2

エディトリアルデザイナーの現状と将来性・今後の見通し

出版不況の中、エディトリアルデザイナーの中には電子書籍の分野に転向する人もいますが、

まだそれほどの需要は少ないというのが実情です。

近年は、出版社やデザイン会社などに所属せず、

在宅フリーランスでエディトリアルデザインをする人も増えてきました。

そんな中、エディトリアルデザインだけではなく、

さまざまなデザインを扱うアートディレクターやグラフィックデザイナーとして活躍する人も増え始めています。

紙の書籍だけに固執せず、さまざまな媒体で活躍する展望を持つエディトリアルデザイナーが、

将来的にも有望であるといえそうです。

主な活躍の場は、出版社や編集プロダクション

エディトリアルデザイナーは、おもに出版社や編集プロダクションに勤務しています。

そのほか、デザイン事務所や広告制作会社、

一般企業の広報部などでも活躍している人がいます。

編集に使用される専用のソフトを扱えるスキルや実務経験が求められることが多いため、

未経験者はまずアシスタントからスタートするのが一般的です。

経験を積み、独立してフリーランスになり、

クライアントと業務委託契約を結んで案件を請け負っている人もいます。

職種紹介:エディトリアルデザイナーの仕事や業務内容とは3

エディトリアルデザイナーのやりがい、楽しさ

形に残るものづくり

エディトリアルデザイナーにとって最大のやりがいといえるのは、

雑誌や書籍、カタログなど、形に残るものづくりができるということです。

制作に携わった印刷物が世の中の人たちの手に届いたときは、大きな達成感につながります。

また、自分の手掛けたデザインに周囲から反響があったときもエディトリアルデザイナーにとってのうれしい瞬間です。

エディトリアルデザイナーは自分の実力やセンスが出やすい仕事であるため

「センスがいい」「印象に残るデザイン」といった評価をもらえることこそが

大きなやりがいにつながっていきます。

職種紹介:エディトリアルデザイナーの仕事や業務内容とは3

エディトリアルデザイナーのつらいこと、大変なこと、苦労

仕事量は減少傾向に

近年、紙の書籍の発行部数は大幅に減少しており、

出版業界も厳しい状況にあります。

電子書籍など新しい媒体の需要は増していますが、業界全体として仕事量は減りつつあるため、

エディトリアルデザイナーとして生き残っていくのは難しくなっていくものと考えられます。

これからエディトリアルデザイナーを目指していく人は、大胆で奇抜な発想ができたり、

独特なデザインを手掛けたりするなどの個性を生かした仕事が必要になってくるでしょう。

職種紹介:エディトリアルデザイナーの仕事や業務内容とは5

エディトリアルデザイナーに向いている人・適性

本や印刷物が好き

エディトリアルデザイナーは、書籍や雑誌をはじめ、

さまざまな紙媒体のデザインに携わっていきます。

そのため、本が好きな人に向いている仕事といえます。

しかし、エディトリアルデザイナーは、読者としての観点も重要ですが、

作り手としての考え方やセンスを持つことが大事になってきます。

日頃からたくさんの印刷物に触れ、自分なりに良いデザインについてたくさんの引き出しを

持っておこうと努力できる人であれば、エディトリアルデザイナーとして活躍できるでしょう。