職種紹介:営業の仕事や業務内容とは

職種紹介:営業の仕事や業務内容とは

自社の商品やサービスを提供する

営業とは、メーカーや金融会社、保険会社、不動産会社といったさまざまな業界の企業で、

自社の商品やサービスをお客さまに提案し、購入してもらうことで利益を生み出す仕事です。

このようにいうと簡単そうに思えるかもしれませんが、

自分が売りたい商品やサービスについてよく知らない人、

あるいはそれを必要だと思っていない人に対し、上手に魅力を伝え、

「買いたい!」と相手の気持ちを動かすことは一筋縄ではいきません。

どのような企業においても、営業以外にマーケティングや企画、事務、総務など、

さまざまな職種に就く人が働いていますが、

なかでもお客さまと直にやりとりをする営業は自社の「顔」となり、

利益を直接的に生み出していく重要な役割を担っています。

「押し売り」では結果に結びつかない

しばしば勘違いされがちなのは、営業は「勢いで売る仕事だ」ということです。

しかし、実際はいわゆる「押し売り」では通用しないことのほうが多く、

「どうやったらお客さまに買ってもらえるか」を試行錯誤するなど、とても頭を使う仕事でもあります。

営業は、勤務先によってありとあらゆる「もの」を扱いますが、

とくに不動産などは一度の契約で多額のお金が動きます。

 

お客さまも一生に何度とない買い物をするだけに、他社のものと比較をしながら慎重に検討を重ねます。

もちろん、どれだけ小さな商品であったとしても、本当に「良い」と思えなければ購入しないのが普通です。

また、ときには目に見える「もの」を扱うのではなく、

相手が必要とすることに合わせたサービス内容を一から形作ることもあります。

 

だからこそ、営業は自社の商材の優位性や市場の動向を頭に入れたうえで、

ヒアリングを通して相手のニーズをよく把握し、クライアントに合わせたアプローチをしていく必要があります。

また、この仕事は「人」と「人」が面と向かってやりとりをする仕事でもあります。

成約につなげるためには、ものの良さに加え、営業担当自身を信頼していただくことも重要なポイントになります。

営業のやりがい、魅力

成果が目に見える形になったとき

営業の魅力のひとつは、自分の日々のがんばりが「数字」という目に見える結果として表れやすい仕事だということです。

世の中にはさまざまな種類の仕事があり、

なかには目に見えない形で会社や世の中に貢献している仕事もたくさんあります。

 

しかし営業の場合、「1件受注するごとに〇〇円」という明確な売上が立ちますし、

「今月は〇件受注して△円の売上を達成した」という風に、わかりやすく振り返ることができます。

それをプレッシャーに感じることもありますが、数字が先月よりもアップしたら、当然うれしい気持ちは高まります。

日々明確な目標を立て、それを超えていくためにがんばりたいという考えを持っている人であれば、

日々やりがいを実感できるでしょう。

出会いが多く、人間としての成長が実感できる

業界にもよりますが、人と接する仕事である営業は、

日常生活では知り合えないようなお客さまと出会える機会も多々あります。

そうしたたくさんの出会いを通じて学ぶことは多く、

自身の経験値を積むとともに、人脈も広げることができます。

 

また、営業はお客さまとのやりとりを通じて、ヒアリング力、交渉力、プレゼンテーション力などさまざまなスキルが磨かれます。

会社の商品やサービスそのものの良さだけでなく、

営業自身の人間性に魅力を感じてもらうことで受注につながることも多々あります。

良い仕事をしたときには、「あなたにお願いして本当に良かった」と声をかけてもらえます。

その瞬間、自身の成長を実感できるとともに、もっとがんばろうというモチベーションアップにつながります。

収入アップも期待できる

営業は、毎月の給料が固定ではなく「歩合制」となっていることもよくあります。

基本給はそこまで高くなくても、

受注をするたびにインセンティブをつけるという仕組みを整えている企業も増えており、

成果が上がった分だけ収入をアップさせやすいという特徴があります。

また、結果を出し続けていれば社内での評価はどんどん上がり、昇進や昇格にもつながります。

んどんキャリアアップしたい人にとっても魅力的な仕事だといえるでしょう。

営業のつらいこと、大変なこと、苦労

ノルマや達成目標に追われる

営業は、自社の商品やサービスをお客さまに売ることで、

会社の売上や利益を上げる役目を担っています。

そのため、ただやみくもにお客さまのところを回るのではなく、

常に数字を気にして仕事をしなくてはなりません。

 

個々の営業には売上目標、いわゆる「ノルマ」が課せられていることも多々あり、

ノルマがプレッシャーになって仕事がつらい、苦しい、と感じてしまう人も少なくないようです。

ノルマについては「この数字を超えてやるぞ!」と前向きにとらえることができればいいのですが、

達成できなかったときには当然、上司から怒られることもありますし、

「次は何としても達成しなくては…」とプレッシャーも大きくなります。

断られることが多い

営業といってもさまざまなお客さまを対象とするものがありますが、

とくに新規開拓営業の場合、まったく自社商品やサービスのことを知らない、

あるいは興味のないお客さまに対して、アプローチをかけていかなくてはならないことが多くなります。

どれだけ魅力的な商品を提案しても、

すべてのお客さまが買ってくれることはありえませんし、

そもそも話をまともに聞いてもらえるかどうかもわかりません。

「そういうのは結構です」と断られることが続くとやはり落ち込みますし、

自分自身を否定されたような気分になりがちです。

仕事を続けているうちに断られることにも少しずつ慣れてくるものですが、

それなりのメンタルの強さが求められる仕事です。

営業として働くのが辛い場合は、転職を考えることも大切

営業は、向き不向きがあるため、営業が向いていない人の場合は、

働くのが辛いと感じてしまうことも少なくありません。

営業として働くのが辛い場合、他の職種やルート営業など、

ノルマがきつくない営業に転職することを考えることも大切になります。