職種紹介:編集者の仕事や業務内容とは

職種紹介:編集者の仕事や業務内容とは(編集)

書籍、雑誌、漫画の内容を企画し、記事を編集して作品として世に生み出していく。

編集者とは、書籍や雑誌をつくるための企画や編集に携わる人のことです。

書籍には小説や漫画、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書など多様なものがあり、

雑誌で取り扱うジャンルも料理、スポーツ、ファッション、カルチャーなど多岐にわたります。

編集者としてどのような書籍・雑誌を担当するかや、担当業務は企業によって異なりますが、

一般的には、

「企画立案→予算取り→取材or外部に依頼→記事の編集→印刷確認」

といった流れで進みます。

編集者になるおもな方法は、出版社や編集プロダクションへの就職を目指すのが近道ですが、

正社員としての採用は狭き門となっています。

経験が求められる仕事のため、まずはアルバイトでも編集の仕事を始めて、

キャリアアップする人もいます。

編集者はある仕事ですが、常に締切に追われており、

状況によっては深夜までの残業や休日返上など激務になる覚悟も必要です。

職種紹介:編集者の仕事や業務内容とは2

編集者の仕事内容(ケース別)

出版社の編集者の仕事

出版社で働く場合、企画や予算の配分、取材、記事編集をし、

印刷できる状態までを作り上げるのが編集者のおもな業務です。

ただし一人の編集者がどの業務にどの程度携わるかは、

勤務先や企画によっても違いがあります。

作業量が多い場合、下請けの編集プロダクションやフリーランスのライター、

カメラマンに仕事を割り振って、集まった原稿や写真を編集者が編集します。

編集プロダクションの編集者の仕事

編集プロダクションは、出版社から依頼を受けて仕事をします。

本全体の制作に携わることもあれば、特定の記事やコーナーだけを担当することもあり、柔軟に対応します。

企画は自分たちで考えることもありますが、

出版社がすでに決めたものを基に作り上げることもあります。

出版社から指示を受けたスケジュールに沿って動くため、

現場は非常に忙しくなりがちです。

職種紹介:編集者の仕事や業務内容とは3

編集者のやりがい、楽しさ

自分の手掛けた作品が世の中に出ていくこと

多くの編集者が感じるやりがいのひとつは、自分の手掛けた原稿が完成し、

印刷されて書籍や雑誌の形になり、世に出ていく瞬間といえるでしょう。

編集者は常に締切に追われ、プレッシャーと戦いながら仕事をしています。

それだけに、無事に原稿が揃って印刷所へ持って行ったときには、

毎回大きな安堵感に包まれます。

そこまでの工程でどれだけ苦労をしても、自分が関わった作品が書店に並んでいるのを見れば、

何とも誇らしい気持ちになります。

さらに、その本が多くの人に手に渡ったり、メディアで取り上げられたりするほど人気が出たときには、

編集者として非常に大きな達成感と充実感を味わえるものです。

こうした感覚がやみつきになり、忙しい編集者の仕事を続けている人も多いです。

職種紹介:編集者の仕事や業務内容とは4

編集者のつらいこと、大変なこと

いつでも締切に追われがち

編集者は、基本的にいつでも時間に追われています。

たいていの出版社や編集プロダクションには仮眠室が用意されていることからも、

それくらい忙しい仕事であることがわかります。

とくに忙しいのは週刊誌の編集者です。

毎週毎週、締切がやってきますが、自分の都合でページを減らしたり、

企画がつぶれたりすることは絶対に避けなくてはなりません。

自分が担当するページが間に合わなければ他の編集者やスタッフにも迷惑がかかるため、

どれだけ大変でも、誰もが締切に間に合わせようと寝る間を惜しんで仕事をしています。

文芸などの編集者はそこまで激務にならない場合もありますが、

そちらはそちらで、作家とのコミュニケーションや人間関係などで苦労することも多いです。

職種紹介:編集者の仕事や業務内容とは6

編集者に向いている人・適性

人とは違う視点で物事を見られること

編集者に向いている人は、一つの見方ではなく、さまざまな方向から物事を見ることができる人です。

書籍や雑誌は、ありきたりなタイトルや企画では、誰も手に取ってくれません。

ほかの人がしていない新しいことを考えたり、

同じものを見ていても人とは違う視点から物事をとらえられたりするセンスが必要です。

専門的な知識はとくに必要ありませんが、

編集者の物の見方やセンスから、新しい書籍や雑誌が生まれることは多々あります。

新しい考え方や切り口を見つけるためには、

日常生活の中でおもしろいもの、気になるものをチェックしたり、

あらゆるジャンルの物事に興味をもって、

自分なりの考えをまとめてみたりすることが大切です。