離職票は発行に時間がかかるという大嘘、実際は急げば4日もあれば届く

離職票がなかなか届かなくて困っている… (以前の記事にも書いた事ですがその続きがあります)

自分も「おおよそ2週間見てください」って言われて信じて待った結果、

離職票は3週間たっても来ない…

でもネットで調べると「だいたい2週間程度」って書いてあるし。。実際どうなんだろう??

そんな疑問ってありますよね。

実際には離職票は急げば4日もあれば、手元に届く

実は、以前退職したときに困った事に離職票がまったく届かなくて、

ハローワークに行けないし、国民健康保険証や国民年金の手続きも出来なかった事がありました。

しかし、あまりに遅いのでその会社に電話連絡すると、提携している社労士事務所への離職票発行の依頼を忘れていました。。

退職者の離職票の依頼を忘れんなよ(怒)って思いました。

慌てて大至急での依頼をしてもらった所、4日程で手元に届きました。

 

正直2週間かかるって言われたものがあちらの落ち度とはいえ、たったの4日ほど社労士事務所から直送で届きました。

これではっきりと分かったのことは、

離職票は発行に時間がかかるという大嘘、実際は急げば4日もあれば届く

ということです。2週間もいりません。

 

もし、あなたが離職票が届かなくて困っていたら、この事実を忘れないでください。

 

あと退職したけど、手続き関係が出来ないと家族も困るのだから、社労士事務所さん本当によろしくお願いします。

・退職者にも家族がいる事を忘れてはいけない
・退職者にも次に進む権利があることを忘れてはいけない
・離職票の退職日を絶対に間違えてはいけない
・扶養家族の健康保険喪失者証明書も忘れてはいけない

予備知識:離職票とは

離職票は、退職者が失業保険を受給する際に必要になる書類です。(また、離職日が分かる正式な書類)

企業は退職者の希望に応じて、一定期間内に交付手続きをする義務があります。

退職届と離職票は発行元と用途が違い、全くの別物なので注意しましょう。

離職票は正式には「雇用保険被保険者離職票」と呼ばれ、企業が必要書類を提出しハローワークで発行されます。

離職票はハローワークが発行するものであり、退職証明書は勤務先が発行します。

 

離職票と退職証明書は、それぞれ発行元と役割が異なります。

離職票は失業給付申請時に必須、退職証明書は転職先などへの退職証明として用います。

 

どうしても会社で確認できない離職票の発行状況は、ハローワークでも確認できます。

確認したいときは、身分証明書と印鑑、在籍証明となる給与明細などを持参しましょう。

未発行の場合は、会社に速やかな手配を再依頼します。

なかなか対応してもらえない場合、手続きが法律上の規定であることを伝えてみるとスムーズにいくかもしれません。

発行に応じてもらえない場合は、ハローワークから請求してもらうことも可能です。