転職の為のスキルアップでWebデザイナースクールへ ペーパーレス時代到来!?

印刷物が世の中から消えるという説があった

当時、印刷物のデザイン制作を仕事としていたのですが、20代後半にさしかかった頃、

「世の中から紙が消える、これからは全てペーパーレスの時代になる」と世の中的に大騒ぎになった記憶があります。
(当時、西暦2000年前後だったと思います、もう20年近く前ですね)


具体的には、

・紙の印刷物や社内資料 → すべてPDF化
・書籍 → 電子書籍
・仕事の進行管理 → ITツール(Webサービス)
・会議などのメモ → タブレット端末やPC
・アメリカではすでにペーパーレス化社会

などなど。。

自分もこれからは、印刷物が減るということは必然的に、

グラフィックデザイン・DTPデザイン → Webデザイン に移行していかなくては…

という「紙が無くなる」という恐怖感に近い感覚がありました。

ペーパーレス2

 

意を決してまた自腹でWebデザインスクールへ

その頃、Webデザインが全盛の時でスクールも選びきれない程ありました。

自分としては、ある程度デザイン業界でやってきた自信があったので、

初心者向けのコースではなくいきなりWebデザイナーコースを選びました。
マルチメディアスクールWAVEさんです(約30万程自己投資しました)

スクールに

当時、90時間程のカリキュラムで仕事をしながら、週2回2ヶ月半~3ヶ月通いました。

・HTML基礎 ・Dreamweaver(Webレイアウトソフト) ・Fireworks(デザインソフト)
・他 JavascriptやFlashについて等

※当時はデザインはイラレやフォトショップ主流ではなかったです。
  
詳しい方はお分かりになるかと思いますが、現在の様なHTML5・CSS3ではなく、
テーブルを使ったレイアウトしかありませんでした。
しかもブラウザによって見え方が違ったり崩れたりで本当に大変でした。。

あれ?そうでもないWeb化・ペーパーレスの波は??

Webへの転身決意したものの、自分の周囲では大騒ぎするほどの変化は無く、
相変わらずメインクライアントのパンフレットや広告、カタログ、パッケージ等の
デザイン制作をしていました。確認などもやはり営業に印刷出力を持っていってもらい、
修正依頼などを書き込んでもらうというアナログでやっていました。

結局、テスト的にコーポレートサイト等は作ってはみたもののWebの実制作はなく、
ちょっと消化不良でくすぶっていた感じはありました。

 

学習したスキルを活かせないジレンマと絶妙なタイミングのスカウト

印刷物のデザイナは好きだったので楽しく仕事していましたが、
縁とタイミングというものがあるもので、
数年前に一度だけひと月程お世話になった広告代理店の代表の方から、
突然のお電話をいただきました。
(もしかしたら、過去に制作したデータについての確認かも??)

すぐに折り返すと、

「最近はお仕事の方はどうですか?」「会って話がしたい」と言われたので、
これは直感で、ヘッドハンティングのお誘いだと思いました。

ヘッドハンティング

数日後、喫茶店でお会いして1時間程で入社させてもらうことを決めました。
理由は、
・グラフィックデザインが出来て、今後Webデザインもやっていきたい人を探している
・退職予定者がいるが、また求人を出すのならば勝手を知っている人に来て欲しい
・試用期間は要らない
・今よりも高い給与を提示する
・Webの方は専任もいるので、徐々に実経験を積んでもらえればいい
・クライントも様々で色々なデザインに携われるので魅力的

といった自分にとってはかなり魅力的なものでした。

結局この会社には約10年近くお世話になりました。
自分の経歴の中でも最長の勤務経歴となったのです。

 

ふとしたペーパーレス時代到来の騒ぎから結果、かなりのスキルアップに

結果的に自分が起こした行動をきっかけにWebスクールに通い、
両方のデザインに従事できることとなり、大きなスキルアップになりました。
今もそれは活きているので色々なタイミングに乗ることができて良かったです。

自己投資

総評

ピンチはチャンスとよく言いますが、まさにそれに近かったのかも知れません。
いっきに数十万の自己投資はキツイですが、必ずあとから数十倍になって帰ってくるので、
恐れずに自己投資してもらいです。
(絶対儲かるうさんくさい投資とか手を出してはダメですよ(笑))