ノートパソコンの画面が狭い…Windows10で作業効率の悪さを解消する方法

こんにちは。今回はノートパソコンでの作業効率あるあるのお話しです。

自宅でノートパソコンを使っていて、画面が狭い…、作業効率が悪い、色々書類を開いて作業しずらい、

などと感じた事はないでしょうか。

作業効率ばかりでなく、ストレスも溜まりますよね。。

解消方法としては、例えば、

テレビや大型モニタにHDMIケーブルで接続して、画面を大きくして作業するなども有効です。

主流は2台のモニタにつなぐ、マルチディスプレイでの作業が主流

今、オフィスでも主流は2台のモニタにつなぐ、マルチディスプレイでの作業が主流となっています、

写真の様な形で、2つのモニタを1台のパソコンにつなぎ、

メインとする左の画面には作成中の資料編集作業用にして、右画面には原稿やメールやチャット、タスク管理などを開いておく、

いちいちファイルを開いたり閉じたりせずに作業ができる為、大幅に作業効率がアップします。

主流は2台のモニタにつなぐ、マルチディスプレイでの作業が主流2

ただ、自宅で接続用の大きめのモニタを買う程でもなく、あくまでも応急処置で狭い画面を何とか効率化したいってケースがあります。

そんなケースの為に、Windows10での機能として

「タスクビュー」(マルチデスクトップや仮想デスクトップとも呼ばれる)機能をご紹介します。

ちなみにMacでも同様の機能があります。

Windows10のタスクビュー機能とショートカット切替えが便利

仮想デスクトップとも言われ、現実の2画面ディスプレイを仮想で実現

Windows10のタスクビュー機能を使えば、例えばメインの仕事とサブの仕事、用途ごとに仮想的なデスクトップ環境を実現できます。

それぞれのデスクトップに関連するアプリを配置しておけば、

アプリやウィンドウが増えても混乱を抑えやすく、効率よく作業を進められます。

あまり使わないとなじみは無いのですが、下記がタスクビューボタンです。
(カメラのフィルムの様なアイコンです)

タスクビューボタン

ただ、マウス操作だけで「タスクビュー」ボタンをいちいち押して複数のデスクトップを管理しようとすると、

デスクトップの切り替えなどにだるさを感じることもあるので、

ショートカットでの切替えで使います。

まずは、デスクトップを増やしましょう[Windows]+[Ctrl]+[D]キー

上記のショートカットキーを押すと、仮想で新しいデスクトップ画面が増えます。

そのスペースを新しい2つめのデスクトップとして書類などを開いて、お好みの作業スペースにします。

このような形で、3つ目、4つ目と増やすことができます。

これで、いちいちファイルやフォルダを閉じたり、隠したりせずに作業ができるようになるのです。

デスクトップとタスクの一覧を表示する[Windows]+[Tab]キー

複数作られたデスクトップ画面は、どうなっているか忘れがちなので、

確認したいときは、[Windows]+[Tab]キー で、一覧が表示できるので便利です。

これで複数のデスクトップ画面を作成しても安心して作業ができます。

ただし、あまり増やしすぎるとわけがわからなくなるので、せいぜい3つくらいまでがいいと思います。

素早く隣のデスクトップに移る[Windows]+[Ctrl]+[→]/[←]キー

複数のデスクトップ画面を作成したら、画面間の移動は上記のショートカットで移動しましょう。

瞬時に移動できるので、別画面でメールやチャットを確認したり、別の作業をするなどに役立ちます。

これが慣れてくると、仮想でも2画面・3画面のモニタを駆使していることとほぼ同じような事ができるので、

作業効率がグンと上がります。

切替え

これらのショートカットを覚える事は最初はめんどうだと思っていたのですが、

慣れてくると自然とスパッ、スパッっと切替えて使える様になります。

そうなってくるともう狭い画面の中でファイルやフォルダを閉じたり開いたり、

隠したりズラしたりする必要がない効率の良さがよく分かってきます。

ぜひ、特にノートパソコンなどの狭い画面や小さい画面で作業していた方には

使っていただきたい機能です。