40代の転職で成功するために覚悟しておくべき試練と地獄

40代で転職を考えた時に何度か転職を経験していれば、ある程度の覚悟が必要なことはご存知かと思います。

今回は改めて転職に成功するために覚悟しておくべき事とその試練と地獄について整理してみました。

実際に自分も40代で転職を経験した上で、困った事や苦悩したこと(地獄)も踏まえてお伝えできればと思います。

転職できたとしても地獄慣れない職場での地獄仕事が覚えられない地獄、仕事ができるすぎても嫉妬による地獄

様々な地獄が待ち構えています。かなりの地獄を見る覚悟はしておいて損はないのです。

40代転職地獄1

 

40代での転職による地獄、地獄に耐えなければならないことやデメリット等

転職が決まってホッとするのもつかの間で、入社前に相当な覚悟を持って望んでいれば後で失敗しない為のものなので、

心して読んでいただければとお役に立てると思います。まさにこの転職が地獄になるか、天国になるかです。

40代でのあなたは社会経験も豊富で、積み上げた自信や実績などもあると思いますが、いったんそれは忘れてください。

自分も自信満々で入社して失敗した経験があるので覚悟が足りなかった(地獄でした…)と後悔した事がありました。

40代の転職で地獄にならない為に覚悟を決めておくべきこと

転職後にこれからお話することを覚悟しておかないと、メンタルが強靭なひとでも、事前にこれらを全く想定せず、

想定外の状況に遭遇すると結構な確率でメンタルがやられます。(ひどくなるとうつ病を発症して試用期間で最悪退職に。。)

ただし、想定シミュレーションを行い、事前準備と覚悟ができていれば、想定内なので乗り越えることが容易になります。

40代転職地獄5

転職後の地獄絵巻図(地獄その1~地獄その14)

地獄その1:上司が年下になる(10歳以上離れていることも)・年下の上司や同僚との人間関係構築で苦戦する(これが思った以上に難しい)

地獄その2:新しい仕事を覚えるスピードが若い人に比べると遅い自分に気づく(飲み込みの遅さに気がつく)

地獄その3:年齢に関係なく雑に扱われる(面倒くさいと思われがち)

地獄その4:会社独自のシステムやITツールを使っているが使いこなせない(いくつものITツールでの使い分け・連絡に苦戦する)

地獄その5:純粋に給料が下がる(試用期間は…といった感じで下がる率はかなり高い)

地獄その6:マウンティングを受ける(今いる社員が負けたくない為の行為を受ける)

地獄その7:会社独自の文化ややり方に苦戦する(違和感を感じるほどの独特なルールについていけない)

地獄その8:また人間関係をゼロから作り直す必要がある(若ければそれだけで可愛がられるがそれは無い)

地獄その9:教育係が負担になり嫌がる(採用と現場がギャップがあり困惑する)

地獄その10:自分が持っているスキルや経験を搾取されるための雇用のように感じる(他社の情報ややり方を抜き出したい)

地獄その11:仕事はできて当たり前だから周囲から褒められない、感謝されない(できない事を責められる事の方が多い)

地獄その12:責任ある仕事は任されるが出世コースは論外(会社の中で古くからの人間関係・根回しの方が上)

地獄その13:転職先の会社の年齢構成や文化によっては会社の風土になじみにくい、疎外感がある(そこだけは新人)

地獄その14:転職後のストレスでメンタルが強くない人は病んでしまうこともあるが、ケアしてくれない(相談できる関係になっていない)

いかがでしょうか?

ざっと上げただけでもこれだけの地獄があります。結構これってストレスを強く感じることですよね。

ただ、これだけ頭の中で想定しておき、シミュレーションしておけば想定内になるので対処が可能となります。

特に今まで経験していない独自の文化や仕事のやり方には戸惑う事になりますが、それがその会社でのルールなのです。

転職した新しい職場では、今までのあなたの常識が通用しない地獄の様なルールがあることも想定内でなければいけません。

 

また、若い頃とも違い、仕事をなかなか覚えられず苦戦する地獄も待っています。

自分は、下記のような地獄の無限ループにハマり、どんどん居づらくなるケースもありました。。

覚えられない → ミスをする → 説教・叱咤される → 萎縮して質問しずらくなる → ミスをする

→ 説教・叱咤される → 居づらくなる(以下、地獄の無限ループ

また、仕事がやっとできる様になると、古くからいる社員がマウントを取りにひとの足を引っ張り、

威張ってきたり、人のミスを大げさに騒いでみたり、仕事の実力を認めない行為を喰らうマウンティング地獄も待っています。

こういったケースは、転職組で実力者には起こりがちだそうです。

日本社会では、どうしても従来からの年功序列、縦社会の関係性などから、先輩や上司を立てる社会で成り立っている為、

自分の立場や権力を使ってまで、自分が後輩から抜かれることを阻止します。

もう一度、言いますが、マウンティング地獄です。。

40代転職地獄2

 

40代での転職によるメリットもある(まさに地獄から天国)

もちろん、40代での転職はデメリット(地獄)ばかりではなく、メリットもあります。

厳しい中でも生涯に役立つ得られることも多いのでさらに経験を積む上で試練と思い励みましょう。

新しい転職先での試練を地獄の特訓とするか、成長の糧にするかはあなた次第なのです。

地獄から天国その1:精神力がさらに鍛えられ、何事にも動じないメンタルを構築できる(人として成長できる)

地獄から天国その2:自分でも気づかなかった隠れた才能が見つかることがある(挑戦しなかった分野が新たな発見に繋がる)

地獄から天国その3:新しい事にもチャレンジできる(否応無しに新しい事を経験できる)

地獄から天国その4:自分の今後の人生を考える機会になる(どうやって生きて行こうか再度考えられる)

地獄から天国その5:自分の枠を突破できる(新しい刺激や仲間との交流で新しい世界が開ける)

地獄から天国その6:生きている充実感が得られる(さらに成長していける実感を感じる)

地獄から天国その7:社会に役立っていける感触を得られる(まだまだ現役で活躍きると感じられる)

地獄から天国その8:かつてのしがらみや人間関係がリセットされるので新しい人間関係が再構築できる(うまくいけば働きやすい職場になる)

40代転職地獄3

 

地獄から天国、そのメリットについては自分もかなり思う所があり、

あなた自身で新しい職場で働きやすい環境を作れるのも転職の魅力のひとつです。

転職の理由は、ひとそれぞれだと思います、

昨今でいえば、コロナウイルスによる景気悪化や倒産やリストラ、止む得ない事情もあると思いますし、職場環境の悪化により働きずらさでの退職もあると思います。

実際、自分の知り合いには、コロナウイルスの影響企業の収益が激減してしまい、月給で10万近くの減給になってしまったあげく、まったく違う仕事に移動させられたひともいました。(その方は今は仕事を続けていますが、おそらく転職を視野に入れていると思います)

40代転職地獄4

40代で転職、地獄に落ちない為にやってみてよかった事

自分のスキルやポテンシャルを高める為に資格を取る

自分のケースでいうと、若い頃は技術職で「資格」より「実力」や「実績」と思っていたのですが、

転職や自分の実力を示す一番の方法は、公的な「資格」を取得することです。

実際、40代に入ってから2つほどの技術的な資格を取得したのですが、

おそらくそういった履歴書にかける資格を持っていると40代の転職激戦区を勝ち抜けるチャンスが広がります。
転職活動の地獄から抜け出せる早道になります。)

また、職場でも扱いが違ってきます。(有資格者だと見る目が変わるというか)

多少、費用がかかってもできるだけ資格取得でスキルやポテンシャルを上げておくといいと思います。

40代で転職、地獄に落ちない為にやってみてよかった事

地獄からの生還には、以前の勤め先に「出戻り」も有効

転職で失敗して退職してしまっても過去の勤務先に戻る選択肢も。

以前にいた会社で長く努めて、一度は退職してしまったものの、

次の転職先で全然うまくいかず、すぐに退職せざる得ないといったケースも少なくありません。

会社が変われば人も変わる、ルールも全然違うので今までの実力が発揮できず不発に終わることも不思議ではないのです。

そんな時にふと、以前いた会社は多少の不満があって辞めたかも知れませんが、

地獄の転職ループに陥るよりは以前いた会社にお願いして「出戻り」といった選択肢もありです。

確かに一度は嫌で退職したかも知れませんが、他に入社して実は良かったと感じる事も大いにあります。

私自身も5年程努めた会社に出戻った経験があります。

(そこは出戻ってさらに5年程勤務して事業自体が変わってしまって再度退職する事になってしまったのですが、仕方なかったです)

ただやっぱり過去の感じで仕事できた事に感謝していますし、一度外に出て地獄を見たのでまさに地獄からの生還でした。

地獄からの生還には、以前の勤め先に「出戻り」も有効

地獄の沙汰も金次第ではない(お金よりも体が資本)

無職の地獄から即収入を得るために日払いもありか?

予期せず無職になってしまう事って誰にでもありえる事です。

私自身もそんな地獄の経験者です。無職で職探しはしないといけないし、

かと言って雇用保険の待機期間を無収入でフラフラしている訳にも行かない。

まさに地獄です。

そこで男性なら誰でも思いつくことが、即収入の日払いバイトです。いわゆる肉体労働系ですね。

即収入の日払いバイト

安い賃金でも日当7000円程度、自分がやったときにはめちゃくちゃキツかったですが日当11000円のバイトでした。

端的に言うと、穴掘りの雑工事だったのですが、他で記事にしているのでそちらを参照してください。

言うまでもなく、若い頃と違い、体がボロボロになり長く継続できず… ただそこそこの臨時収入にはなりましたが、

実際やってみると、早起き地獄、現場遠い地獄、熱中症地獄、関節痛地獄(特に腰や手)、様々な地獄が待っていました。。

つなぎのバイトはありですが、やはり体が資本。

結構、肉体労働系のバイト募集にはありがちなのですが、【軽作業】と書いてある募集を鵜呑みにしてはいけません。

いまだかつて、軽作業系の募集で実際に軽作業だったことは皆無です。。。

最初から重労働って書いてあったら恐怖しかないですからね。

あとは、年齢関わらず、体育会系のノリですから、基本労働もキツイですし、しんどいとか言ってられないです。

現場作業では、おおよそ、先輩から下っ端はコキ使われるのです。

日払いでやるのは良いと思いますが、筋トレや運動不足解消程度に思っていると地獄を見るので、

多少体力に自信があっても過信しない方がいいです。

体を壊してからでは本末転倒だからです。

 

最後に、私が一番いいたい事は、転職するからには、再起をかけて覚悟をもってやり直すチャンスにもなるのです。

40代の転職は40代だからこそ体験できない貴重な人生体験ができます。

地獄からの生還には、以前の勤め先に「出戻り」も有効2

ぜひ、新しい職場での試練と地獄を覚悟をもって、挑戦していただければと思います。