CATEGORY

グラフィックデザイン

  • 2021年3月20日

40代 ド底辺からの転職その9 企業のWeb担当(何でも便利屋)という転職の末路

40代再起への転職、企業のWeb担当(何でも屋) 前の記事を呼んでない方は下記からご覧ください > 40代 ド底辺からの転職その8 インハウスデザイナーという生き方 前回の会社の失速を経験し、より安定性を重視した転職 前回のインハウスデザイナーでの酸いも甘いも経験をした結果、 やはり経営状態が悪くなると、インハウスデザイナーはあおりを受ける。。 そんな思いをした私は、より安定性を重視した経営 […]

  • 2021年3月9日

40代 ド底辺からの転職その7 印刷物デザインからWebデザインまで

40代 ド底辺からの転職その7 印刷物デザインからWebデザインまで Webスクールで学び、だいぶ時間がたってから実用できることになりました。 このあたりでかなりド底辺な感じから抜け出した感はありました(苦笑) 詳細は省きますが、ひょんな事から30代前半にして転職が決まり、 グラフィックデザインとWebデザインの両方をやっていけることになりました。 不思議で愉快ないきさつは、過去の 転職の為のスキ […]

  • 2021年3月8日

転職の為のスキルアップでWebデザイナースクールへ ペーパーレス時代到来!?

印刷物が世の中から消えるという説があった 当時、印刷物のデザイン制作を仕事としていたのですが、20代後半にさしかかった頃、 「世の中から紙が消える、これからは全てペーパーレスの時代になる」と世の中的に大騒ぎになった記憶があります。 (当時、西暦2000年前後だったと思います、もう20年近く前ですね) 具体的には、 ・紙の印刷物や社内資料 → すべてPDF化 ・書籍 → 電子書籍 ・仕事の進行管理  […]

  • 2021年3月6日

40代 ド底辺からの転職その6 短期派遣でのメリット・デメリット

短期派遣で色々な職場を見てみたい(これは転職!?) すっかりクリエイターになってきた自分は いろいろなデザイン制作プロダクションを体感したかった 自分が25~26歳なった頃、クリエイティブ系の派遣が一般的に認知されはじめ、 様々な制作会社やプロダクションに興味があった自分は1~3ヶ月での短期派遣で デザイン関係会社への希望を出していました。 当時、初めて受けたクリエイター向けの派遣会社のテストも […]

  • 2021年3月4日

40代 ド底辺からの転職その5 電話通信業の広告代理店 内容がエグい??

前回の記事を読んでない方は下記からお読みください。 >40代 ド底辺からの転職その4 DTPオペレータ残酷物語 DTPの実務経験を積んだ自分は新たな転職先を見つけ転職しました。 しかも、前回不動産広告で外部ディレクターに鍛えられ、グラフィックデザイナーとしての転身となり、 デザイン力もついてワクワクしての転職でした。 その求人はちょっと特殊というか、「電話通信業の広告代理店」でのデザイン業務 […]

  • 2021年3月1日

40代 ド底辺からの転職その3 デザイン講座でグラフィックデザイナーを目指した

貯めていたお金で専門的な技術を身に着けるためにDTP(グラフィックデザイン)スクールに通うことに。 ※DTPは簡単に言うとパソコンソフトを使って印刷物をレイアウト作成することです。 (この時、21歳~22歳だったと記憶してます) きっかけは、下記の前回の記事をご参照いただければと思います。 >ド底辺からの転職その2 タイピング入力という仕事 本格的な知識や技術を身に着けるための自己投資 当時 […]

  • 2021年3月1日

40代今後コロナ後に有望な職業と転職2021年、転職するならこの業界!

近々、転職を考えている40代のあなたへ 今後のコロナ後に将来性のある業界と職種って? 今、現在、派遣や会社員として働いている人の中には転職を考えている方も多いと思います。 実際、コロナウイルスによって世の中のニーズや社会は大幅に変化しました。 昨年2020年は新型コロナウイルスの世界的な流行により、多くの業界でこれまで通りの働き方が難しい状況になりました。 今年2021年も改善したとは言えず、対策 […]

  • 2021年2月28日

40代ド底辺からの転職その2 タイピング入力という仕事

現場作業員からオフィスワークへ転職 現場作業員の仕事は体がキツく継続が難しい ド底辺からの転職で、前にお話しした「保温工」という現場作業員の仕事をかれこれ2年程続けたのですが、溜まったのはある程度のお金と酷使した体の疲労でした。。当時自分が21歳くらいで親方も30歳くらいでしたがキツそうでしたね。 ものすごく重いものを運ぶ重労働では無かったのですが、真夏と真冬の現場は本当に辛かったです。真夏には自 […]