【必読】近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事

こんにちは。無双です。

最近、自動化が進んで必然的に

近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事が気になって調べてみたら、

驚きの興味ある記事を読んだのでシェアしたいと思います。

引用元:AIによって将来「なくなる仕事」と「なくならない仕事」の違い 

近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事

AI・ロボットによって50%の仕事がなくなる

2014年、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らによって

発表された論文『雇用の未来ーコンピューター化によって仕事は失われるのか』は、

20年後までに人類の仕事の約50%が人工知能ないしは機械によって代替され消滅すると予測しました。

その後、日本の労働環境にあてはめた野村総研との共同研究では、

日本人の仕事の49%が消滅するという見通しが公表されました。

2020年5月に公表されたマッキンゼー・アンド・カンパニーの調査では、

2030年までに日本中の業務の27%が自動化され、約1660万人の雇用が機械に代替される可能性があると指摘しています。

「本当は何%が代替されるのですか?」という問いかけをよく耳にしますが、

数字の確からしさはそこまで重要ではありません。

いずれの調査も、人間の多くの仕事がこの先テクノロジーによって代替されていく未来を

描いていることをどう受け止め、どう対処していくかが問われています。

【必読】近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事2

テクノロジーによる仕事の代替、高度化は必然

ただ、1つ押さえておきたいことは

「今回が特別というわけではない」

ということです。

歴史を振り返ると、新たなテクノロジーの導入による失業は、

いつの時代にも繰り返されてきた出来事なのです。

 

そもそも、テクノロジーとはなんでしょうか。
一つの見方は、人間の能力を拡張するものだといえます。

例えば、メガネは視力を、自動車は移動能力を、

センサーは感覚を、PC・スマホは認知を拡張しているといえます。

テクノロジーが人間の能力拡張を担うものである以上、

テクノロジーが人間の仕事を代替あるいは高度化、

多角化していく未来は必然なのでしょう。
そうであるならば、ここで私たちが向き合いたいのは

テクノロジーとどのように棲み分け、協業をしながら仕事を発展させていくか

ではないでしょうか。

【必読】近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事3

人間が優位になる仕事の領域は?

近い将来、どのような領域の仕事で人間が優位になるのか(AIと棲み分けれるか)を考えてみたいと思います。

未来は誰にもわかりませんが、確からしい未来を想像することはできます。

マネジメント系

広義には会社経営、狭義にはプロジェクトやチーム、工場・店舗などのマネジメントが該当します。

主には目的や方向性を定める、意思決定をする、

責任を取る、人を育てるなど、人間ならではの「意思」や「判断」が問われる領域

価値発揮できるのではないでしょうか。

クリエイティブ系

新しいものや価値を生み出す「創造」の領域です。

事業開発プロデューサーや発明家、映画監督やデザイナーなどが該当します。

AIは、既存の要素を組み合わせたアイデアの量産は得意ですが、

そもそも素材がない状況から何かを生み出すことはできません

ホスピタリティ系

ヒト対ヒトの「感情」の交換や、基盤となる「信用」が求められる領域です。
保育士や介護士、カウンセラーやコーチなどが該当します。
顧客となる私たちが、人間によるサービス提供に価値を感じる以上、

おもてなし系のハイタッチサービスの価値は見直され続けることでしょう。

【必読】近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事6

クラフトマン系

人間の「身体性」の優位を活かした機械化が難しい作業の領域です。
ピッキングやハウスキーパー、配達員やあらゆる分野の職人などが該当します。

私はかつてナノレベルの超精密研磨技術の開発に取り組みましたが、

職人の指先が生み出す精度に驚きました。

人間の身体性は、私たちが想像する以上に強力な武器となります。

テクノロジー系

テクノロジーが核となるのであれば、

その周辺に新たな仕事が生まれるでしょう。
大局的な視点でテクノロジービジネス描ける人やデジタル・トランスフォーメーションを推進できる人、

高度な技術を有するAIエンジニアなどが該当します。
テクノロジーと共存する世界を実現していく種類の仕事です。

【必読】近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事4

人余りと人不足が同時に訪れる

歴史を教材にすると、新しいテクノロジーは人間の仕事を奪うと同時に、新しい仕事を生み出します

Youtuberやエバンジェリスト、ドローンパイロット、コミュニティマネージャーなど、

数年前にはなかった職種が既に市民権を得ています。
クリエイティブでチャレンジングな人間は、

この先もテクノロジーを使って新しい何か創り出していくのでしょう。
労働人口の減少や企業の競争力強化、コロナの影響などが相まって、

テクノロジーのビジネス活用はこの数年で加速度的に推進されるはずです。
そのとき私たちは、このような問いを投げかけられるのでしょう。

 

この先は、「人余り」と「人不足」が同時に訪れる可能性があります。

変化に取り残され仕事を代替された人が余り、

変化に適応し仕事を生み出す/新たな仕事に担える人の不足が起こるでしょう。

急速な業務の高度化により、単純な労働力シフトが効かない背景が、大きな格差を生み出します。
今から私たちができることは、少しでも早く備え始めることだと思います。

【必読】近い将来AIによってなくなる仕事となくならない仕事6

来たるAIとの共存社会に備え、高めておきたい「考える力」

先述したように、様々な領域でAIの代替が起こるでしょう。

一方で私たちは、「AIはけっして万能でない」ということも意識しておく必要があります

例えば、これまでにない課題を解決する仕事(=過去のデータがないもしくは不十分な仕事)や、
数値化できない人間の感性や経験に基づく創造的なアイデアを生み出す仕事については不得意です。

AIが何か結論を出した時、それは「考えた」のではなく、あくまでデータによる計算結果です。

AIとの共存社会がやってくる中でビジネスパーソンとして活躍していくためには、
人間にしかできない「考える力」にフォーカスし、高めていくことが重要です。