2021年、転職したいけどやりたい仕事が分からないあなたの為の適職診断

とくに今の仕事が嫌いな訳でもなく、好きでもない、

でもだからといって、特にやりたいこともない。

こんな仕事の悩みを持っているひとは意外と多いものです。

しかし、生活をしていくために(お金を稼ぐために)、とりあえず働いているけれど、

今の仕事に特別なこだわりがないという人も多いのではないでしょうか?

転職したいけどやりたい仕事が分からない

悩んでいるということは仕事のキャリアを考えているという事

あなたが、この記事を読んでいるということは、何かしらこの先の仕事へ疑問があって調べたということ。

そして、あなたが「転職したいけどやりたい仕事が分からない」と思っているのであれば、

何かしら、新しいキャリアを考えて行動しようとしている証拠です。

自分はずっと制作関係の仕事が多かったのですが、それでもその専門職が嫌になって他のキャリアを考えたこともありました。

そして、何度か違う職種も経験しましたが、結局「やりたい事って何だろう?」という所へ行き着き、

まったく同じ会社へ出戻りした時期もありました。

あなたも今、新しいキャリアを真剣に考えているのかも知れません。

過去に嬉しかったことや得意だったことを再確認してみましょう。

仕事以外のことでも構いませんので、自分の棚卸しをしてみましょう。

今まで自分が嬉しかったことや得意だったことなどを思い出して書き出してみてください。

例えば、あなたが何かしたことで友達や恋人がすごく喜んでくれた事などでもよいです。

実際、あなたが対した労力でない事でも、大喜びされた事があれば、あなたのスキルや魅力なのです。

逆に嫌なことや苦手なことも再確認してみましょう。

これは、避けたいことを鮮明に思い出すことにより、消去法で選択しなくするための行為です。

わざわざ、そういった要素のある仕事やキャリアを避けるために必要になります。

これも改めて明確化しておくことで、選択しやすくなりますのでおすすめです!

その上で適職診断(無料)を受けてみましょう。

適職診断は、あなたの新たな一面を発見できる

やりたいことが分からない場合、職種の絞りようがないのでとても悩みますよね。

しかし、転職サイトなどでは積極的に雇用に繋がる様に、適職診断を無料で行っています。(登録が必要)

時間もそれほどかからないですし、自分の適職について客観的な意見が欲しい人にはとても役立ちます。

マイナビ転職では、「行動傾向」と「価値観」の2種類を同時に適職診断できる

私自身もいくつか、転職サイトの適職診断を受けたことがあるのですが、

その中でもマイナビ転職の適職診断はおすすめできます。

2種類のテストを通じて、あなたの仕事適性を診断します。

仕事に対する適性や価値観、また企業から求められる基礎的能力を診断することができます。

ベースとなった診断テストは、世界40カ国で毎年1,000万人以上が受診し、

その信頼性がきわめて高く評価されたものです。

採用や転職活動での有効性が確認されている信頼の高いテストです。

 

マイナビ転職 適職診断

サイト:マイナビ転職 適職診断
https://tenshoku.mynavi.jp/aptitude/

実際に、どんな結果で表示されるかというと、下記サンプル画像の様にかなり詳細です。

マイナビ転職適職診断 結果

マイナビ転職の適性診断とは?

マイナビ転職の適性診断は、1970年代後半からイギリスで研究開発され、

1984年に世界に先駆けて導入された診断テストをベースに、日本向け転職支援ツールとして、

マイナビ転職専用に開発されたものです。

ベースとなった診断テストは、1984年の導入後も学際的な研究を重ね、

現在では数十年にわたって蓄積された人事データベースを有しています。

その信頼性はきわめて高く評価されており、毎年、世界40カ国で約1,000万人以上が受検しています。

この豊富なデータベースがあるからこそ、あなたの特徴を客観的に割り出すことができるのです。

マイナビ転職の適性診断は無料です。

誰でも、何度でもご利用いただくことができます。

適職診断で自分の趣向と違った側面を発見、転職に活かせる。

私自身も割とそうなのですが、適職診断を行うと意外と自分が向いているだろうと思っていた事よりも、

他に向いているという分析結果が出ることも多いです。

それは新たな発見にもなりますし、適職診断の結果、実はコツコツ自分ひとりで専門的な仕事をすることが向いていると思っていたのですが、チームリーダーとしてまとめ役が適任と診断されたことに驚いたこともありました。

マイナビ転職の適職診断を転職活動に活かすと、今まで思ってもみなかった職種へ応募範囲が広がります。

ぜひ自分の能力を客観的に分析してもらい、飛躍のための転職活動へ繋げてみましょう。

とにかく色々行動に移してみましょう。

整理した上で、いろいろと気になった職業や仕事は、見学させてもらう、電話で聞いてみる、ネットで調べてみるなど、

情報を入手してみましょう。

想像していたのと違うかも知れませんし、思っていた以上にワクワクするかも知れません。

何事も決して無駄にはなりません。

さあ、勇気ある第一歩を踏み出してみましょう。