40代転職で成功するには?ガチな実態と転職成功の共通点とは

35歳転職限界説はもう古い!?40代でも転職需要全然あり

ひと昔前だと、35歳でギリギリ転職需要がありそれ以上はキツイと言われていた

40代01

一般的には、古き体質の会社は年齢で書類選考をして、
それ以上は採用しない傾向が多かったのですが、
いくつかの要因で、
本当に即戦力の30後半~40代も欲しいという需要が生まれています。

その要因というのが、時代の移り変わりも背景にありますが、
・企業が研修や見習いなどで人を育てる余裕がなくなっている
・40代以降でも経験値を買ってすぐに重要なポジションを任せたい
(逆にいうとまだ若くて経験が少ない人には任せられないポジションがある)
・以前の様な企業の組織体制が崩れ、以前ほど年齢を気にしなくなった
・ハイスペックな人材が以前ほどの高給与を出さなくても見つける事が可能

スキルも大切だが周囲と上手くやれそうな人柄も大事

特殊な技術が必要とされる職種だとしても、周囲とうまくやれそうかどうかが重要で、
40オーバーでも上手く周囲と馴染んでやれそうな人柄かどうかも見られています。
あまり個人プレーに走るタイプは組織の中ではいずれ上手く立ち回れなくなる可能性があるからです。

40代02

40代以降だと資格などの証明がキーになることも

社会的に自分のことを証明するには「資格」がひとつの目安となることも多いです。
たとえ、国家資格のような合格率の低い、難易度の高い資格でないとしても、
本人の意欲によって学習し、習得しことには違いはないのです。
以前、50代で転職してきた方も10以上の資格を持って入社し、
残念ながら上手く当時のポジションにはハマらなかったのですが、
すぐに次の会社に入社が決まって凄いなぁと感心させられた事がありました。

40代以降でも未経験者歓迎の職種はある

多少、条件面では厳しくなってはしまいますが、
ある程度落ち着いた年齢の方が向いている職種というのもあります。
豊富な人生経験を活かして活躍できるのであれば、
挑戦してみることもおすすめします。(多少の困難は覚悟の上ですが)

 

過去の経験を生かして…という気持ちが逆効果になることも

パソコン操作

これは自分も言いがちになりそうな志望動機

これまでやってきたキャリアを生かしたいという思いをお話される方も多いと思います。
しかし、40代を超えてこれまでやってきた経験を生かすためには、
会社を超えても通用する競争優位なスキル水準は、
これまでの2倍、3倍の努力が必要になるというのが実際のところです。
企業によってはやり方も方針も違うので相当なパワーが必要となることも多いのです。

自分がその会社で未来に向けて何が実現できるのか

話し方としては、未来への貢献度をアピールした方が賢明です。
もちろん、過去の実績も大切ですが、それを活かして何を実現できるのかが大切なのです。
「これまでのキャリアを生かすこと」=「過去やってきたレベルの努力を続けること」では、
激しい競争を勝ち抜くにはパワー不足になる可能性が高くなってしまいます。

 

過去の経験を超えて、勝ち抜けるひと(転職成功)の共通点

勝ち組

過去のキャリアや経験を超えようとするひと

過去の実績や経験があるのは、企業側も承知の上で採用をしているわけですから、
さらにそこから新しい事にもチャレンジしていける人材を企業側は期待しています。
スキルがある上にさらに常に進化をしていく人材は魅力的です。

謙虚さと学習意欲、大胆な行動力

行動力

新しい会社での文化ややり方、ルールなどを謙虚に取り入れて学習しく意欲のあるひと、
さらにそれを実行できる行動力は高く評価されます。
以前はこういうやり方でやっていました…と過去にとらわれすぎるひとは、
柔軟性のない残念なひとになってしまいます。

自分が追求していきたいことを絞りこむ

自分にとって経験年数、役職、年収、会社の知名度など、
一度自分にとって心地のいい場所や条件を手に入れてしまうと、
転職を迫られたとしても、どれもこれも全部守りたいと考えるのも不思議なことではありません。
しかし、それらを守ろうとすればするほど逆効果になることもあります。
改めて自分を棚卸しし、客観的に見つめ直し、方向性を絞ってスキルを磨いていくことも必要です。
ここでも同様に過去に固執する必要はないのです。

打ち合わせ

いかがだったでしょうか?

40代でも転職成功するには、どちらかというと心構えの部分も大きいのではないのでしょうか。
自分も40代で転職を成功しています。
改めて振り返ってみても、
経験から出せるスキルは確かに武器ではありますが、
それ以外の要素が非常に重要なことが分かります。

少しでも転職に成功する為のご参考になれば幸いです。