40代転職と仕事や生き方について2021年改めて考えてみた

2021年、40代になっての転職活動や生き方について考えてみた

ずっとどこかの企業にしがみついて生きていくのか

悩む中年

今は働き方がリモートワークも浸透し、多様化しつつあります。
コロナがある程度収束してもIT化が進んだ企業は、
すでに自分のデスクは無かったり、フリーアドレスで仕事をしていたりしますよね。
これだけフリーランスの様な働き方がしやすくなった世の中で、
過去の様に「会社員」として企業に雇用され続けて定年まで…の様な働き方が
いったいいつまで通用するのでしょうか。

働き方の多様化と変化

うーばー

ウーバーイーツの様な形態の事業が流行したり、はたまた事業が伸びてて需要のあったカーシェアリングなどの
便利な共有サービスは、コロナ渦や感染対策の問題でやや低下しています。
はたまた、パーソナルトレーナーやフィットネスジムは、オンライン講座が人気となり、
個人でも配信してサービスとしてなりたってきています。
(実際、自分も無料で動画配信されていた15分滝汗ワーキングというエクササイズをやったりしてました 笑)

会社自体も都内好立地の高い家賃を引き払っている

企業によっては某有名企業の様に本社機能を東京から郊外に移し、
以前とは違う状態での経営のスリム化と固定支出を減らしたり
かなり大胆な政策に出たりしていますよね。

 

甘くはないが委託や独立という働き方もある

かくいう自分も40代、転職や働き方を改めて考えてしまう

40代にもなると、いくつも会社を渡ってきているし、経験もある分、
会社員や雇用されている働き方に疑問も出てきたりもします。
「いったいいつまでこの働き方をするのだろう…」
もちろん、雇用されている方が収入は安定するし、安心感もあり、
確実な月の保証はあるので、自分の様な家族持ちにはその方が心配はないのです。

コロナ渦で進んだリストラや倒産不安
リストラ候補

ただ、その「雇用されている安心感や安定感」はもちろん企業自体が
安定していれば、の話なのです。企業自体が売上が下がれば話は違ってくるし、
リストラや倒産だって起きても不思議ではないのです。
つまり以前のような「もう安泰」みたいな気持ちはとても危険で、
常に危機感を持っていた方がいいと思うのです。

独立やフランチャイズの魅力も確かにある

除菌

自分が40代で転職を考えたときに視野に入れたことがあるのは、
オフィスクリーニングや以前から需要がありそうだなと思っていた除菌ビジネスです。
特に案の定、コロナ渦で「オフィスや病院や施設」などをまるごと除菌するシステムの独立型ビジネス
注目を浴びています。確か最初に用意する準備資金もそれほど高くなかったと思います。
これは、40代・50代と年齢を重ねてもできるビジネスですし、需要がある限りは収入になりますよね。
個人的にも今でもかなり興味はあります。

クリーニングやコンビニのフランチャイズの話

一方、有名なクリーニングやコンビニのフランチャイズの話ですが、
実は自分の祖母がクリーニングのフランチャイズをやっていた事があり、
クリーニングはクレーマーが多くて大変だという話を聞いたことがあります。
祖母や祖父、自分の母も手伝ってやっと経営できていたという形で、
地区の中では売上は良かったそうですが、それほど儲かったという話は聞いてません。

あとコンビニですが、知り合いが経営した事があり、
これも本部との売上の分配やアルバイトの配置がないと
自分がシフトに入らなければならずかなり過酷(労働時間が多い)だと聞いています。
取り分の分配なども本部に多く渡す為、よっぽど売上を上げないとキツイらしいのです。

 

個人の委託の配送業務はどうか?

委託宅配便

今はかなりネット購入するお客様が増えて、宅急便の需要はあると思いますが、
委託で1個いくらかで請け負う形の配送業もありますよね。
これは時代的に頑張り次第で儲かりそうな気がしてしまいますが、
うちの近所の公園の側にも軽トラでそういった業者さんがいつも数台待機していましたが、
最近めっきり見なくなりました。。
いつも待機しながらタバコを吸っていたのを見ていたので、待機が長いのだな…と思ってました。

 

変わったところでは観音様や仏像のクリーニングビジネスまでも

仏像クリーニング

「アントレ」という独立・開業雑誌を数年前に見た時に仏像のクリーニング
独立開業が載っていました。特殊なクリーニング方法なので他ではできないとの事で独自性はあるのかと。
ただこれは開業資金が何百万かかかるし、移動はかならず車になるので維持費もかかるな…と思いました。
アイデアや事業としての独自性は面白いと感じました。

 

共感してもらえると思うのですがもう若くない(笑)

まだ30代位であれば、そんな事は考えないが、人生折返し地点

40代にもなると65歳を定年と考えた場合、ビジネスマンとしては後半、人生は折返し地点だし、
年金だけで暮らせるとも思えないので色々と考えてしまうのです。
そんな中で何か収入源をあとの為に作っておかないと。と考えてしまうのです。
自分もそうですが、親も歳をとるしそれはそれで心配があるし、
質素で良くても1日1食しか食べれない。。
何も楽しみがない様なそんな老後にしたくない。。
という気持ちが強く、もがいています(苦笑)

 

何か少しずつでも良いから変化を

だから今から備えたい

やる気

もう老後を見据えたことを何かできることからでも始めてみる。
何でもいいと思うのです。

もしかしたら、文才があるかも知れない。
意外と絵を書いたら上手いかも知れない。
全然やったことなかったけど料理をしたらハマった。

自分は、いまこのブログを書くことに注力しています。
初めて本気でブログを書いています。
自分の転職や仕事での失敗談・成功談、苦労した経験、ノウハウなどが
あなたの役に立てたり、もう一度頑張る気持ちになってもらえたら
本気で思って全身全霊を込めて文章を書いています。

せひ一緒に頑張って自分の人生を輝かしいものにしていきましょう。

人生は一度しかないのですから。