【2021年10月】コロナ禍での転職活動はどうか。きっかけは?

こんにちは、無双です。

1日感染者数も東京30人未満とだいぶコロナウイルスも収まってきた感がありますが、
まだまだ油断できないですよね。

2021年10月現在、実際の転職事情について気になった記事があったのでシェアしたいと思います。

2021年10月コロナ禍での転職のきっかけ調査

転載元:『エン転職』1万人アンケート(2021年10月) 「コロナ禍での転職のきっかけ」調査

コロナ禍が転職活動を始めるきっかけになった方は36%。

販売・サービス系職種で、コロナ禍が転職のきっかけになった割合が最多に。

コロナ収束後を見据え、転職活動を活発化させたい意向を示した方は41%。

【2021年10月】コロナ禍での転職活動はどうか。2

コロナ禍が転職活動を始めるきっかけになった方は36%。
販売・サービス系職種で、コロナ禍が転職のきっかけになった割合が最多に。

「コロナ禍によって、転職活動にどのような影響がありましたか?」と伺うと、

最多は「転職活動への影響はない」(56%)、次いで「転職活動を始めるきっかけになった」(36%)、

「転職活動を止めるきっかけになった」(8%)と続きます。

職種別に見ると「コロナ禍が転職活動を始めるきっかけになった」と回答した割合が多くなったのは、

「販売・サービス系(ファッション、フード、小売 他)」(46%)、

「クリエイティブ系(WEB・ゲーム制作、プランナー 他)」(45%)でした。

販売・サービス系では「コロナ禍での店舗の閉鎖や、シフト・給与の減少によって転職活動を始めた」という声、

クリエイティブ系では「取引先の業績悪化により仕事や給与が減少し転職活動を始めた」

という声が多く寄せられました。

職種問わず「コロナ禍が転職活動を始めるきっかけになった」と回答した方に、

転職を考え始めた具体的なきっかけを伺うと、トップ3は「やりがい・達成感を感じないから」(35%)、

「給与が低いから」(33%)、「コロナの影響で、会社の経営が苦しくなったから」(32%)でした。

一方「コロナ禍が転職活動を止めるきっかけになった」と回答した方に、

転職活動を止めた具体的なきっかけを伺うと、

年代問わず「求人数が減っているように感じるから」(63%)が最も多くなりました。

それぞれ具体的なコメントも紹介します。

【2021年10月】コロナ禍での転職活動はどうか。3

逆に転職活動を止めた具体的なきっかけ 年代問わず「求人数が減っているように感じるから」(63%)

「求人数が減っているように感じるから」と回答した方のコメント

・志望しているホテル・ブライダル・観光系の業種はコロナの影響を大きく受けているため求人数がかなり少ない。受かったとしても今の会社より給料が低いのではという心配がある。(23歳女性、企画・事務・マーケティング・管理系)

「志望する業種・職種の先行きが不安になったから」と回答した方のコメント

・留学関係の仕事に興味があったが、旅行や留学が難しい今、該当する企業の求人がなくなった。(28歳女性、販売・サービス系)

「経験・スキルが求められる求人が多く感じるから」と回答した方のコメント

・何社か面接をしていただく中で、減収によるコスト見直しにより、育成コストの少ない即戦力を求めている様子がうかがえた。(30歳男性、販売・サービス系)

【2021年10月】コロナ禍での転職活動はどうか。4

コロナ収束後の転職活動、「より活発に行なっていきたい」と回答した方は41%。

「今後、新型コロナウイルスが収束した際には、転職活動をどうしていきたいですか?」と伺うと、

41%が「より活発に行なっていきたい」と回答しました。

職種別に見ると、

「販売・サービス系(ファッション、フード、小売 他)」(45%)、

「技術系(医薬、化学、素材、食品)」(44%)、

「営業系(営業、MR、営業企画 他)」(43%)の方が、

コロナ収束後の転職活動に意欲が高い結果となりました。

【2021年10月】コロナ禍での転職活動はどうか。5

不安な点・気になる点はどうやって解消しようと思いますか?もしくは実際にどうやって解消できましたか?

「応募・面接などの転職活動を実際にしてみる」と回答した方のコメント

・転職に伴い人間関係の構築に不安があった。実際に面接に行き、社内の雰囲気を見学させてほしいと申し出ることで現場の空気を感じられ、ここなら大丈夫だと思えた企業に入社を決めた。(30歳男性)

「今後のキャリアプランを考えてみる」と回答した方のコメント

・自己分析を手伝ってくれるサイトから無料で面談を体験してみた。その結果、自分の強みや今後のキャリアについて、どうやって理解を深めていくかの方法が知れた。(24歳女性)

「家族に相談する」と回答した方のコメント

・現職で単身赴任をしており、共働きの妻に大きく負担が生じてしまっている。それが理由で転職を検討しているが、転職できたとしても収入が下がる可能性がある。家族と相談したところ、収入面よりも家族と一緒に過ごすことを優先しようと理解を得られた。(34歳男性)

【2021年10月】コロナ禍での転職活動はどうか。6

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『エン転職』(https://employment.en-japan.com/)を利用するユーザー
■調査期間:2021年7月28日~2021年9月27日
■有効回答数:13,796名